日々の御言葉 3月9日

日々のみ言葉 3月9日
○今日のタイトル 岩から水が出て
○通読箇所 出エジプト17-18章

◇今日の聖句
【主】はモーセに言われた。「民の前を通り、イスラエルの長老たちを何人か連れて、あなたがナイル川を打ったあの杖を手に取り、そして行け。さあ、わたしはそこ、ホレブの岩の上で、あなたの前に立つ。あなたはその岩を打て。岩から水が出て、民はそれを飲む。」

◇ひとくち解説
神の山に向かう最後の宿営地レフィディムで民は重大な過ちを犯します。「【主】は私たちの中におられるのか、おられないのかהֲיֵשׁ יְהוָה בְּקִרְבֵּנוּ אִם־אָֽיִן」(17:7)と言って、【主】を試みたのです。これは「わたしはあるאֶֽהְיֶה אֲשֶׁר אֶֽהְיֶה」と宣言される主の本質に対して、真っ向から挑戦する行為でした。
その後、異邦の民についての2つの物語を経て(イスラエルに不意打ち攻撃したアマレク人と、主をほめたたえたイテロ)、ついに19章で、主は山の上に顕現されるのです。
「見よ。わたしは濃い雲の中にあって、あなたに臨む。」(19:9)……これが、「【主】は私たちの中におられるのか」とつぶやいた、民に対する主の答えでした。
「わたしはある」を信じるか否か、それが約束の地への旅の命運を握る鍵なのです。

◇クイズ
アマレク人アガグの末裔で、ペルシャにおいてユダヤ人の敵となった人物と言えば?(エステル3:10)
1.ハメダタ 2.ハマン 3.モルデカイ

日々の御言葉 3月8日

日々のみ言葉 3月8日
○今日のタイトル 海の歌
○通読箇所 出エジプト15-16章

◇今日の聖句
【主】は私の力、また、ほめ歌。主は私の救いとなられた。この方こそ、私の神。私はこの方をほめたたえる。私の父の神。この方を私はあがめる。【主】はいくさびと。その御名は【主】。

◇ひとくち解説
1-18節の「海の歌」はイスラエルが民として歌った最初の讃歌です。
1−3節は<前奏>です。2節の「【主】は私の力、また、ほめ歌。主は私の救いとなられた」は、イザヤ書12:2、詩篇118:14でも繰り返されます。私たちの知恵となり、義と聖と贖い、全てとなって下さる主への讃歌です。
4-12節では、主がどのように海の中から民を贖われたのかが歌われます。たった今、目撃した比類ない救いの業への驚きが満ちています。
13-17節では、未来に目が向けられます。これからの約束の地への旅が、すでに起こったことのように歌われます。旅のクライマックスは、単に土地を得ることではありません。そこに聖所が置かれ、主が住まわれることこそ、旅の終わりです。
18節は後奏です。「【主】はとこしえまでも統べ治められる。」これは聖書の最後の歌、黙示録19章の神の民の大合唱に至るまで、時代を超えて連綿とこだまします。「ハレルヤ。私たちの神である主、全能者が王となられた。」(黙19:6)と。

◇クイズ
民がマラで水が苦くて飲めなかったとき、モーセは何を水に投げ込みましたか?
1.塩 2.杖 3.木

日々の御言葉 3月6日

日々のみ言葉 3月6日
○今日のタイトル 過越のいけにえ
○通読箇所 出エジプト11-12章

◇今日の聖句
その血は、あなたがたがいる家の上で、あなたがたのためにしるしとなる。わたしはその血を見て、あなたがたのところを過ぎ越す。…この日は、あなたがたにとって記念となる。

◇ひとくち解説
最後の災いは、イスラエルの救いの旅の始まりとなりました。「過ぎ越す」と訳されている語פָּסַחは、本来【救い出す】【保護する】という積極的な意味を持っていたとも考えられています。(イザヤ31:5では<助ける>と訳されています)
それまでの災いでは、何もしなくても主は、イスラエルを区別し、守られましたが、今回はそのために傷のない小羊の血という<しるし>を求められました。いのちを贖うためには、いのちの代償が必要だったのです。
後に、主イエス・キリストはこの過越祭に十字架の上で命を捨て、「私たちの過越の子羊」(1コリント5:7)となり、世の罪を取り除いてくださいました。こうして「過越が神の国において成就」(ルカ22:16)したのです。イエスは言われます。「あなたがたが人の子を上げたとき、そのとき、わたしが『わたしはある』であること…を、あなたがたは知るようになります。」(ヨハネ8:28)これが主の過越の目的です。
黙示録において、キリストは「子羊」と呼ばれます。子羊キリストは、新しいエルサレムを照らす明かりとなり、わたしたちの涙をことごとく拭い去ってくださるのです。(黙示録7:17、21:23)「救いは、御座に着いておられる私たちの神と、子羊にある。」(黙示録7:10)

◇クイズ
今日はお休み

日々の御言葉 3月5日

日々のみ言葉 3月5日
○今日のタイトル 【主】に仕えさせ
○通読箇所 出エジプト9-10章

◇今日の聖句
【主】はモーセに言われた。「ファラオのところに行け。わたしは彼とその家臣たちの心を硬くした。それは、わたしが、これらのしるしを彼らの中で行うためである。また、…わたしが彼らの中で行ったしるしを、あなたが息子や孫に語って聞かせるためである。こうしてあなたがたは、わたしが【主】であることを知る。」

◇ひとくち解説
10の災いは続きます。
第5の災い<家畜の疫病>は、始めて生物の死をもたらし、エジプト人の財産への危機となりました。
第6の災い<腫れもの>は、エジプト人の健康を脅かします。
第7の災い<雷と雹>に及んで、始めて人命が奪われます。
第8の災いは当時最も恐れられた自然災害である<いなごの大群>です。それは飢餓をもたらし文明に壊滅的打撃を与えました。
第9の災い<闇>は、混沌と恐怖によって精神的な破綻をもたらします。こうしていよいよ最後の<しるし>へと向かうのです。
◆ 興味深いことに、ファラオとのやり取りの中で、次第に<主に仕える>ことが具体化されていきます。それは、
1.「【主】にいけにえを献げ」(10:25)ること。すなわち、「心を尽くし、いのちを尽くし、力を尽くして、あなたの神、【主】を愛する」こと
2.主が行われた「しるし」を息子や孫に語って聞かせること(10:2)です。
こうして、主の名を知ることこそ、出エジプトの目的であり、神の民のなすべき礼拝なのです。

◇クイズ
第9の災いで闇が地を覆ったのは、何日間ですか?1.三日間 2.一週間 3.40日

日々の御言葉 3月4日

日々のみ言葉 3月4日
○今日のタイトル しるしと不思議
○通読箇所 出エジプト7-8章

◇今日の聖句
「わたしが手をエジプトの上に伸ばし、イスラエルの子らを彼らのただ中から導き出すとき、エジプトは、わたしが【主】であることを知る。」

◇ひとくち解説
主がエジプトにおいてご自分の「しるしと不思議」(7:3)を行われるのは、「私は【主】を知らない」(5:2)と言い張るエジプト(世界)に、「わたしが【主】であること」を知らせるためでした。
これから続く10の災いは、段階を追って<【主】のような方はほかにいないこと>(8:10)が際立ってゆきます。
第一のナイル川の水が血に変わる奇跡は呪法師も、行うことができました。また、土を掘ることで水を得、自力で解決する方法がありました。
第二のカエルの災いも呪法師によって再現できましたが、それを止めることはできず、モーセの祈りによってしか解決できませんでした。
第三のブヨの災いは、もはや呪法師は行うことできず、「これは神の指です」と認めざるを得ませんでした。
さらに第四のアブの災いは、エジプト人とイスラエル人の住む地域を区別してもたらされました。これにはファラオも「私のために祈ってくれ」と言わざるを得なかったのです。
主の御名を賛美します。「【主】よ、神々のうちに、だれかあなたのような方がいるでしょうか。だれがあなたのように、聖であって輝き、たたえられつつ恐れられ、奇しいわざを行う方がいるでしょうか。」(15:11)

◇クイズ
いつカエルの災いを取り除いてほしいか問われた時、ファラオは何と答えましたか?
1.今すぐ 2.今日中 3.明日

日々の御言葉 3月3日

日々のみ言葉 3月3日
○今日のタイトル 【主】のもとに戻り
○通読箇所 出エジプト5-6章

◇今日の聖句
わたしはあなたがたを取ってわたしの民とし、わたしはあなたがたの神となる。あなたがたは、わたしがあなたがたの神、【主】であり、あなたがたをエジプトでの苦役から導き出す者であることを知る。

◇ひとくち解説
モーセとアロンによる最初のファラオ訪問は、イスラエルの民に一層の苦役をもたらします。その逆境の中で「モーセは【主】のもとに戻り」(5:22)ました。
6:1-13は、3章の<神との出会い>の再現でもあります。この章では「わたしはある」という名に代わって「わたしは主であるאֲנִי יְהוָה」という御名が4度繰り返されます(2,6,7,29節)。「全能の神」としてアブラハムと契約を結ばれたお方は、今「わたしは主である」という名をもって、民を「導き出し」「救い出し」「贖う」と約束されます。
「わたしはあなたがたを取ってわたしの民とし、わたしはあなたがたの神となる。」(7節)この契約の表現לָקַחは、婚姻・養子縁組に用いられます。<神と民>は、夫と妻、親と子のように固い絆で結ばれるのです。こうして民は「わたしが主であることを知る」ようになります。御名によって、神を全人格的に体験することが、契約の最終目的として設定されるのです。
逆境の中にあって、わたしたちもモーセのように「主のもとに戻り」、神との出会いの原点を再体験したいものです。

◇クイズ
モーセの父親の名は?(6:20)
1.ケハテ 2.ウジエル 3.アムラム

日々の御言葉 3月2日

日々のみ言葉 3月2日
○今日のタイトル 永遠にわたしの名
○通読箇所 出エジプト3-4章

◇今日の聖句
神はモーセに仰せられた。「わたしは『わたしはある』という者である。」また仰せられた。「あなたはイスラエルの子らに、こう言わなければならない。『わたしはある』という方が私をあなたがたのところに遣わされた、と。」

◇ひとくち解説
創世記では神との関係は「個人的」「家族的」でしたが、出エジプト記では「民」としての神との関りが形成されていきます。この3-4章は、その「土台」となる極めて重要な箇所です。
「主と民」の関係の初めに、主はモーセにご自分の名を現わされました。名を知るということは、対象の事物を限定し、把握することの始まりです。天地創造の時、人が動物に名を付けたのは世界を<管理する>ためでした(創世記2:19)。神は、把握されることも、限定されることも、まして管理されることもないお方ですから、本来、人間に名を知らせる必要はなかったのです。しかし、神は愛ゆえに、「民」と親密な関りを持ちたいと願われ、『わたしはあるאֶֽהְיֶה אֲשֶׁר אֶֽהְיֶהという名を現わされました。永遠の存在者・万物に存在を与える者との意味です。御名こそ、主と民との関係の基盤です。
主は、出エジプトの目的(主の民となる目的)を示されます。それは「神に仕える」(3:12)ためでした。こうして、「主に仕える民」となる長い旅はここから始まるのです。

◇クイズ
3:1でモーセが神と出会った山は何と呼ばれていますか?
1.ホレブ 2.シナイ 3.モリヤ

日々の御言葉 3月1日

日々のみ言葉 3月1日
○今日のタイトル 嘆きを聞き
○通読箇所 出エジプト1-2章

◇今日の聖句
イスラエルの子らは重い労働にうめき、泣き叫んだ。重い労働による彼らの叫びは神に届いた。 神は彼らの嘆きを聞き、アブラハム、イサク、ヤコブとの契約を思い起こされた。神はイスラエルの子らをご覧になった。神は彼らをみこころに留められた。

◇ひとくち解説
今日から出エジプト記を読みます。創世記で示された<アブラハムの子孫を通して全世界を祝福する>という神のご計画に変わりはありません。エジプトからの脱出と荒野の旅を通して、神はご自分がどのようなお方かを、民に知らせ、教えられるのです。
ファラオは、へブル人(イスラエル人)の家に生まれた男の子をみな、ナイル川に投げ込めと、恐ろしい命令を出します。しかし神はその「ナイル川」を救いの始まりとされたのです。モーセはこの川から「引き出され」、ほかならぬファラオの王女に育てられ、イスラエルの救いのために立ち上がります。「川に投げ込め」と命じたファラオ(1:22)が率いる軍は、やがて、海のただ中に投げ込まれることになります(14:27)。
主は、絶望に満ちた場所を救いの起点とされるお方です。祝福の契約をお忘れになることなく、わたしたちをご覧になり、みこころに留められる、真実なお方です。

◇クイズ
神を恐れ、エジプト王の命令に背いた助産婦は、シフラと誰?
1.ヨケベド 2.プア 3.ツィポラ

日々の御言葉 2月26日

日々のみ言葉 2月26日
○今日のタイトル 契約の血
○通読箇所 マタイ26章

◇今日の聖句
また、杯を取り、感謝の祈りをささげた後、こう言って彼らにお与えになった。「みな、この杯から飲みなさい。これは多くの人のために、罪の赦しのために流される、わたしの契約の血です。

◇ひとくち解説
福音書はクライマックスである「受難物語」へと向かっていきます。マタイは、イエスの死が「過ち」や「成り行き」ではなく、「預言者たちの書が成就するため」(26:56)だと強調します。十字架こそ、旧い契約の更新であり、天の御国の始まりなのです。
そのことを象徴的に表わすために、主は「過越祭」という時期をお選びになりました。(イエスの敵対者たちが、祭りの期間を避けようとしたにもかかわらず…5節)この祭は、かつてイスラエルがエジプトから脱出したことを祝うものです。出エジプトの際は小羊を屠り、その血を家の門に塗ったことが、救いのしるしとなりました(出12章)。神との契約は血(いのち)によって交わされるのです(出24:4-8)。
過越の食事の席でイエスは杯をとって宣言されます。「これは多くの人のために、罪の赦しのために流される、わたしの契約の血です」と。人類を罪の奴隷から解放し、神との新しい契約を結ばせ、約束の地<御国>に導くため、主は傷のない小羊として、その命を捨てられるのです。
イエスは屠り場に引かれていく羊のように十字架への道を進んで行かれます。「さあ、行こう。」(46節)と。

◇クイズ
一人の女性が香油をイエスの頭に注いだのは、誰の家においてでしたか?
1.ラザロ 2.マルコ 3.シモン

日々の御言葉 2月25日

日々のみ言葉 2月25日
○今日のタイトル 御国を受け継ぎなさい
○通読箇所 マタイ25章

◇今日の聖句
『まことに、あなたがたに言います。あなたがたが、これらのわたしの兄弟たち、それも最も小さい者たちの一人にしたことは、わたしにしたのです。』

◇ひとくち解説
24章からの「天の御国の到来」についての説教が続きます。
「灯を用意した賢い娘たちのたとえ」(1-13節)「タラントを預かった僕のたとえ」(14-30節)そして、最後の審判の予告(31-44節)を通して、イエスが「栄光の座」(31節)に着かれるそのときを、どのように待ち望むべきかが教えられています。単にキリストのおいでを憧れ望むだけではなく、地に足を付け、生活の中で果たすべき使命を果たすようにと、イエスは強調されます。 世を照らす灯を絶やさず、主が委ねてくださった恵みの賜物をもって、最も小さな者に仕えるという生き方です。すなわち、この地上をイエスのように生きることへの召命です。
こうして、「御国の福音」についての、5つの主要説教は、未来を指し示しながら結ばれます。いよいよ物語は、御国への道を開くための<十字架・復活>へと向かっていきます。

◇クイズ
32-34節で「御国を受け継ぐ」人々は何にたとえられていますか?
1.やぎ 2.羊 3.らくだ