日々の御言葉 8月7日

日々のみ言葉 8月7日
○今日のタイトル 知ることを拒んだ
○通読箇所 ホセア3-4章

◇今日の聖句
主の言葉を聞け、イスラエルの人々よ。主はこの国の住民を告発される。この国には、誠実さも慈しみも、神を知ることもないからだ。…わが民は知ることを拒んだので沈黙させられる。お前が知識を退けたので、わたしもお前を退けて、もはや、わたしの祭司とはしない。 https://www.bible.com/bible/1819/HOS.3.新共同訳

◇ひとくち解説
4章から民の罪を告発する主の言葉が始まり、「罪状書き」は13章まで続きます。
4章では、その背信の原因がどこにあるかが示されています。「神を知ることもない」「知ることを拒んだ」ということです。「主を知る」ということは、「神について」知っているということではありません。神を見、神に触れ、神に聞き、人格的に一致し、交流し続けるということです。それが失われたことによって、民は偶像礼拝へとなびいてしまったのです。
「永遠の命とは、唯一のまことの神であられるあなたと、あなたのお遣わしになったイエス・キリストを知ることです。」(ヨハネ17:3)キリストとの甘美な一致を体験したなら、私たちもまたパウロのように言うでしょう。「…わたしの主キリスト・イエスを知ることのあまりのすばらしさに、今では他の一切を損失とみています。」(フィリピ3:8)

◇クイズ
詩編9編では、「主を尋ね求める人」のことを、何を知る人と表現していますか?
1.義 2.御名 3.慈しみ

日々の御言葉 8月6日

日々のみ言葉 8月6日
○今日のタイトル 希望の門
○通読箇所 ホセア1-2章

◇今日の聖句
それゆえ、わたしは彼女をいざなって、荒れ野に導き、その心に語りかけよう。そのところで、わたしはぶどう園を与え、アコル(苦悩)の谷を希望の門として与える。そこで、彼女はわたしにこたえる。おとめであったとき、エジプトの地から上ってきた日のように。https://www.bible.com/bible/1819/HOS.1.新共同訳

◇ひとくち解説
ホセアは北イスラエル王国の預言者です。迫りつつあるアッシリアによる侵攻を前に、神と民の関係を、夫婦の関係に当てはめて語り、民に回心をうながしました。
1〜3章はこの書の主題です。神から離反した民は、夫を裏切った妻のようだと、罪が指摘されます。
主は、そのような民を「荒れ野に導き、その心に語りかけ」られます。荒野とは、出エジプトの40年の旅を指します。それは、神と民との「新婚時代」でした。その「初めの愛」に帰るようにと主は招かれます。「アコルの谷」(17節)は、約束の地に入って最初に神を裏切ったアカンが滅ぼされた呪いの場所です。(ヨシュア記7章)その呪いの谷をさえ、主は「希望の門」へと変え、ご自分との出会いの場としてくださるのです。
度重なる背信にもかかわらず、変わることなく招いてくださる主のもとに、帰りたいものです。

◇クイズ
アカンが盗んだのはどこから奪ったものでしたか?
1.アイ 2.ベテル 3.エリコ

日々の御言葉 8月5日

日々のみ言葉 8月5日
○今日のタイトル 主を賛美せよ
○通読箇所 詩編149-150編

◇今日の聖句
ハレルヤ。聖所で神を賛美せよ。大空の砦で神を賛美せよ。… 息あるものはこぞって主を賛美せよ。ハレルヤ。
https://www.bible.com/bible/1819/PSA.149.新共同訳

◇ひとくち解説
150編は、全詩編を結ぶ大頌栄です。
賛美は「聖所」(神殿)から始まり、「大空の砦」(全世界)へと解き放たれます。
2節では、私たちがほめたたえる動機<モティーフ>が示されます。それは、主が成してくださったこと、また主のご性質そのものです。
3節からは映画のエンドロールのように、これまで詩編の賛美を支えてきた楽器が紹介されます。挙げられている管弦打楽器の多様性は、人間が様々な個性をもって主を賛美するさまをも表現しているように見えます。2節から5節は、節ごとに長くなり、私たちを頂点へと導きます。
ついにハーモニーは一つのゴールへと帰結します。「息あるものはこぞって主を賛美せよ」…詩編は<全被造物の賛美>という栄光の希望へと視線を投じてクライマックスを迎えるのです。
わたしたちはこの終着点に向かって、今日も「新しい歌」(149:1)を主に歌うのです。

◇クイズ
「太鼓に合わせて踊りながら」(4節)とありますが、出エジプト記15章で、このように賛美した人々を導いたのは?
1.ダビデ 2.ミリアム 3.アサフ

日々の御言葉 8月4日

日々のみ言葉 8月4日
○今日のタイトル 威光は天地に満ち
○通読箇所 詩編147-148編

◇今日の聖句
ハレルヤ。天において主を賛美せよ。高い天で主を賛美せよ。…地において主を賛美せよ。…主の御名を賛美せよ。主の御名はひとり高く、威光は天地に満ちている。https://www.bible.com/bible/1819/PSA.147.新共同訳

◇ひとくち解説
148編のハレルヤ賛歌は宇宙的な広がりをもっています。
まず至高の天から賛美の歌が響きます。ついで、日、月、星、水…と天地創造の順番に賛美が加わります。「新しい天と新しい地」(イザヤ65:17、2ペトロ3:13、黙示録21:1)の再創造を連想させます。
7節からは「地から」の賛美が応答します。海に始まり生物・無生物を含め全被造物が奏でるシンフォニーは、最後に人が加わりクライマックスを迎えます。
この賛歌は、キリスト誕生の際、羊飼いたちに現れた「天の大軍」の賛歌を思い出させます。「いと高きところには栄光、神にあれ、地には平和、御心に適う人にあれ。」キリストこそ、「天」と「地」との架け橋であり、新しい天と新しい地を創造されるお方です。今日、この賛歌を聞いたわたしたちも、あの夜の羊飼いたちと共にイエスのもとへと行き、礼拝いたしましょう。「さあ、…行こう。主が知らせてくださったその出来事を見ようではないか」(ルカ2:15)と。

◇クイズ
148:7に「海に住む竜」も主の御名を賛美せよと記されていますが、この竜は詩編104編では何と呼ばれていますか?
1.レビヤタン 2.ベヒモス 3.レファイム

日々の御言葉 8月3日

日々のみ言葉 8月3日
○今日のタイトル ハレルヤ
○通読箇所 詩編145−146編

◇今日の聖句
主は見えない人の目を開き、主はうずくまっている人を起こされる。主は従う人を愛し、主は寄留の民を守り、みなしごとやもめを励まされる。…主はとこしえに王。シオンよ、あなたの神は代々に王。ハレルヤ。 https://www.bible.com/bible/1819/PSA.146.新共同訳

◇ひとくち解説
146編から始まる5つの歌は、長大な詩編をすべくくる頌歌です。5編すべてがハレルヤから始まり、ハレルヤで終わり、海の波のように賛美の歌がおし寄せます。 146編は、天地の創造主であり(4‐6節)、弱い者の救世主である(7-9節)、神への賛美です。
9節の「寄留の民」「みなしご」「やもめ」は聖書の中では最も保護を必要とする人々とされていました。「励まされる」לְעוֹדֵדという語が、この形で聖書で使われるのはここだけです。聖書時代には「支える・保つ」という意味だったと考えられています。(新改訳2017)
天地をお造りになり、万物を支えておられる同じ御手で、主は、弱くうずくまっている私たちを保ってくださるのです。「とこしえにいます神はあなたのすみかであり、下には永遠の腕がある。」(申命記33:27口語訳)「ハレルヤ。わたしの魂よ、主を賛美せよ。」(1節)

◇クイズ
イエスが「やもめ」の一人息子を棺の中から復活させられたのは、何という町でしたか?
1.カファルナウム 2.ナイン 3.ベヤニア

日々の御言葉 7月31日

日々のみ言葉 7月31日
○今日のタイトル 祈りなさい
○通読箇所 ヤコブ5章

◇今日の聖句
兄弟たち、主が来られるときまで忍耐しなさい。農夫は、秋の雨と春の雨が降るまで忍耐しながら、大地の尊い実りを待つのです。… あなたがたの中で苦しんでいる人は、祈りなさい。喜んでいる人は、賛美の歌をうたいなさい。…正しい人の祈りは、大きな力があり、効果をもたらします。https://www.bible.com/bible/1819/JAS.5.新共同訳

◇ひとくち解説
ヤコブはこの手紙を結ぶにあたって、「主が来られるとき」へと目を向けさせます。「大地の尊い実り」のような希望の時を、忍耐をもって待ち望むようにと勧めます。
「待つ」ことは何もしないでいることではありません。ヤコブはここまで、信仰に基づく行いの大切さを記してきましたが、「待ち望む」という信仰を、行動に移すとしたら「祈る」ということになります。 祈りは、信仰という<風>を、<推進力>へと変える<帆>のようなものです。今日も、祈りの帆を高く挙げ、広く張り、希望の港へと向かっていきましょう!

◇クイズ
14節で、病気の人は、主の名によって何を塗って祈ってもらいなさいと勧められていますか?
1.香油 2.オリーブ油 3.泥

日々の御言葉 7月30日

日々のみ言葉 7月30日
○今日のタイトル 世の友
○通読箇所 ヤコブ4章

◇今日の聖句
何が原因で、あなたがたの間に戦いや争いが起こるのですか。あなたがた自身の内部で争い合う欲望が、その原因ではありませんか。…神に背いた者たち、世の友となることが、神の敵となることだとは知らないのか。 https://www.bible.com/bible/1819/JAS.4.新共同訳

◇ひとくち解説
前の章の最後で「上から出た知恵」が平和をもたらすと書いたヤコブは、戦いや争いの原因が何かをあばきます。それは際限のない欲望(必要を超えた欲求)です。2章ではアブラハムが「神の友」と呼ばれていますが、ここでは欲望に振り回される人を「世の友」と呼びます。(ここでいう「世」とは神に背を向ける堕落した世界のことです。)わたしたちは「神の友」となるか、「世の友」となるかのどちらかを選ばなければなりません。
神の友となるために必要なことは「主の前にへりくだり」(10節)神に近づくことです。神の方へ昇ることをやめれば、重力に抗うことをやめたボールのように落下が始まります。自然に任せるのではなく、意志を持って主に近づき続けなければなりません。
放蕩息子が「我に返って」(ルカ15:17)父の家へと一歩踏み出したように主に近づくなら、憐れみに満ちた主は走り寄って首を抱いてくださるでしょう。「神に近づきなさい。そうすれば、神は近づいてくださいます。」(8節)

◇クイズ
マタイ26章で、イエスが「友よ」と呼びかけられたのは、誰に対してでしたか?
1.ペトロ 2.ラザロ 3.ユダ

日々の御言葉 7月29日

日々のみ言葉 7月29日
○今日のタイトル 上から出た知恵
○通読箇所 ヤコブ3章

◇今日の聖句
あなたがたの中で、知恵があり分別があるのはだれか。その人は、知恵にふさわしい柔和な行いを、立派な生き方によって示しなさい。… 上から出た知恵は、何よりもまず、純真で、更に、温和で、優しく、従順なものです。憐れみと良い実に満ちています。偏見はなく、偽善的でもありません。義の実は、平和を実現する人たちによって、平和のうちに蒔かれるのです。 https://www.bible.com/bible/1819/JAS.3.新共同訳

◇ひとくち解説
1章で「知恵」を神に願うよう勧められましたが、3章では、求めるべき知恵とはどのようなものかが示されます。それは、「上から出た知恵」です。知恵といっても、博覧強記のことではありません。
その知恵は「純真」…清さから生まれます。「御子に似た者」となりたいと願い、自らを清く保つことです。(1ヨハネ3:2-3) キリストと結ばれた<清さ>から、優しさ・協調性・憐れみが心いっぱいに広がるのです。
かつて「善悪の知識の木」の実は、人類に罪と死と争いの種をもたらしました(創世記3章)が、上からの知恵である「義の実」は、それをもつ人の生き様を通して、<平和の種>として蒔かれます。そのような人が通った後には、いつも「平和」の花が咲いてゆくのです。

◇クイズ
4節では「舌」が船のある部分に例えられています。それはどこ?
1.帆 2.舵 3.櫂

日々の御言葉 7月28日

日々のみ言葉 7月28日
○今日のタイトル 神の友
○通読箇所 ヤコブ2章

◇今日の聖句
神がわたしたちの父アブラハムを義とされたのは、息子のイサクを祭壇の上に献げるという行いによってではなかったですか。アブラハムの信仰がその行いと共に働き、信仰が行いによって完成されたことが、これで分かるでしょう。「アブラハムは神を信じた。それが彼の義と認められた」という聖書の言葉が実現し、彼は神の友と呼ばれたのです。https://www.bible.com/bible/1819/JAS.2.新共同訳

◇ひとくち解説
前の章に続いて、行いを伴わない信仰は役に立たないと、強調しています。
アブラハムが「信仰の父」と呼ばれるのは、彼が「神について」信じたからではなく、「神」信じたからです。神の全能について知っていることと、全能の神と共に歩むことには大きな違いがあります。
アブラハムは、神の命令だから仕方あるまいとあきらめ、絶望の中でイサクの命を献げようとしたのではありません。「神が人を死者の中から生き返らせることもおできになると信じ」(ヘブライ11:19)、全能者に希望を抱きつつ行ったのです。だからこそ、神の盲目的な奴隷ではなく、「神の友」と呼ばれるのです。
キリストは弟子たちに「わたしはあなたがたを友と呼ぶ」(ヨハネ15:15)と言われ、「愛する」という使命を共有されました。この主の信頼にこたえ、生きた信仰をもって行動したいと願います。

◇クイズ
出エジプト33章で、神は誰に「友と語るように」語られましたか?
1.モーセ 2.ヤコブ 3.ダビデ

日々の御言葉 7月27日

日々のみ言葉 7月27日
○今日のタイトル 御言葉を行う人
○通読箇所 ヤコブ1章

◇今日の聖句
あなたがたの中で知恵の欠けている人がいれば、だれにでも惜しみなくとがめだてしないでお与えになる神に願いなさい。そうすれば、与えられます。いささかも疑わず、信仰をもって願いなさい。… 御言葉を行う人になりなさい。 https://www.bible.com/bible/1819/HEB.11.新共同訳

◇ひとくち解説
この書は、エルサレム教会のリーダーであった「主の兄弟ヤコブ」によって書かれたと考えられています。試練の中にあるキリスト者に対して、実際的な勧めが記されています。
試練は私たちを、「心が定まらず、生き方全体に安定を欠く人」(8節)から「完全で申し分のない人」(5節)へと成長させ「命の冠」(12節)へと導きます。試練の中でどうふるまうべきでしょうか。
1.神から与えられる<知恵>を求めましょう。(5節)上からの知恵によらない、”信仰の行動”は、無謀へと走りやすいものです。
2.いささかも疑わず、<信仰>をもって願い、祈りましょう。(6節)神の知恵は信仰によって行動へと移されます。
3.御言葉を謙虚に受け入れ、<行動>に移しましょう。(21節)
イエスは言われました。「わたしのこれらの言葉を聞くだけで行わない者は皆、砂の上に家を建てた愚かな人に似ている。」(マタイ7:26)信仰が、単なる理想論で生活に根ざしたものでなければ、はかない砂上の楼閣となるでしょう。地に足のついた信仰者でありたいものです。

◇クイズ
6節では「疑う者」を何に例えていますか?1.熱風 2.海の波 3.草花