日々の御言葉*4月8日

日々の御言葉 4/8
〇今週のテーマ:十字架
〇今日のタイトル:神の小羊
〇聖句箇所:ヨハネ1:29-34
◇聖句*****
その翌日、ヨハネは、自分の方へイエスが来られるのを見て言った。「見よ、世の罪を取り除く神の小羊だ。『わたしの後から一人の人が来られる。その方はわたしにまさる。わたしよりも先におられたからである』とわたしが言ったのは、この方のことである。…」そしてヨハネは証しした。「わたしは、“霊”が鳩のように天から降って、この方の上にとどまるのを見た。わたしはこの方を知らなかった。しかし、水で洗礼を授けるためにわたしをお遣わしになった方が、『“霊”が降って、ある人にとどまるのを見たら、その人が、聖霊によって洗礼を授ける人である』とわたしに言われた。わたしはそれを見た。だから、この方こそ神の子であると証ししたのである。」
◇ひとくち解説*****
洗礼者ヨハネは、イエスの公生涯のスタートの時点で、すでにそのゴールを見ていました。それは「神の小羊」として、全ての人の罪をとりのぞくために自らを十字架にお献げになるというゴールです。この方こそ、永遠の初めからおられたお方、「神」であり、聖霊をお与えになるお方だと証するのです。イエスの全生涯は、十字架というゴールに向かって進んで行くのです。
◇クイズ*****
この翌日、ペトロをキリストのもとに導いたのは誰ですか?
A. ヨハネ B. ナタナエル C. アンデレ D. フィリポ
☆今日からでも遅くない!聖書をひらいて聖書通読。今日の箇所は、申命記32-34章です。

広告

日々の御言葉*4月7日

日々の御言葉 4/7
〇今週のテーマ:十字架
〇今日のタイトル:敵意を滅ぼされました
〇聖句箇所:エフェソ2:14-16
◇聖句*****
実に、キリストはわたしたちの平和であります。二つのものを一つにし、御自分の肉において敵意という隔ての壁を取り壊し、規則と戒律ずくめの律法を廃棄されました。こうしてキリストは、双方を御自分において一人の新しい人に造り上げて平和を実現し、十字架を通して、両者を一つの体として神と和解させ、十字架によって敵意を滅ぼされました。
◇ひとくち解説*****
異邦人とイスラエル。十字架は、両者の間に2000年にわたって横たわる反目、敵意の原因でした。けれどもやがて、その十字架の愛によって、両者は和解し一つとなり、キリストの体である教会を完成させるのです。まず、先に十字架の救いを体験したわたしたちが、十字架につけられたキリストの、命を捨てるほどの大きな愛に満たされましょう!
◇クイズ*****
パウロは、異邦人とイスラエルによって建て合わされる聖なる神殿の建物で、イエスキリストはどの部分だと言っていますか?
A. 屋根 B. かなめ石 C. 柱 D. 階段
☆今日からでも遅くない!聖書をひらいて聖書通読。今日の箇所は、申命記29-31章です。

日々の御言葉*4月6日

日々の御言葉 4/6
〇今週のテーマ:十字架
〇今日のタイトル:呪いとなって
〇聖句箇所:ガラテヤ3:13-14
◇聖句*****
キリストは、わたしたちのために呪いとなって、わたしたちを律法の呪いから贖い出してくださいました。「木にかけられた者は皆呪われている」と書いてあるからです。それは、アブラハムに与えられた祝福が、キリスト・イエスにおいて異邦人に及ぶためであり、また、わたしたちが、約束された“霊”を信仰によって受けるためでした。
◇ひとくち解説*****
黙示録に、やがて到来する新しいエルサレムには「呪われるものは何一つない。…彼らの額には、神の名が記されている。」とあります。私たちの額に神の御名(栄光)を与えるために、小羊であるキリストが、私たちが受けるべき罪の呪いをすべて引き受けて下さったのです。キリストの十字架の救いは無限であるとの信仰をもって十字架を仰ぎ見ましょう!
◇クイズ*****
ここに出てくる「木にかけられた者は皆呪われている」という御言葉の引用はどの書からの引用でしょう?
A. レビ記 B. 民数記 C. 申命記 D. ダニエル書
☆今日からでも遅くない!聖書をひらいて聖書通読。今日の箇所は、申命記26-28章です。

日々の御言葉*4月5日

日々の御言葉 4/5
〇今週のテーマ:エクレシア
〇今日のタイトル:倒れたダビデの幕屋
〇聖句箇所:使徒15:13-18
◇聖句*****
二人が話を終えると、ヤコブが答えた。「兄弟たち、聞いてください。神が初めに心を配られ、異邦人の中から御自分の名を信じる民を選び出そうとなさった次第については、シメオンが話してくれました。預言者たちの言ったことも、これと一致しています。次のように書いてあるとおりです。『「その後、わたしは戻って来て、倒れたダビデの幕屋を建て直す。その破壊された所を建て直して、元どおりにする。それは、人々のうちの残った者や、わたしの名で呼ばれる異邦人が皆、主を求めるようになるためだ。」昔から知らされていたことを行う主は、こう言われる。』
◇ひとくち解説*****
異邦人にも聖霊が注がれたことは、使徒たちにとって驚愕の出来事でした。それが何を意味するのか、使徒たちはエルサレムに集まり会議をもったのです。使徒ヤコブはアモス書9章11節の御言葉を引用しながら、異邦人の救いと、新しいエルサレム(エクレシア)の再建が密接に関係していることを解き明かすのでした。選民イスラエルと異邦人が共に主の御名によって救われ、エクレシアが完成し、主キリストのご再臨が実現するのです。
◇クイズ*****
この会議の後、パウロとバルナバは何という町に派遣されましたか?
A. アンティオキア B. エフェソ C. テサロニケ D. マドリード
☆今日からでも遅くない!聖書をひらいて聖書通読。今日の箇所は、申命記22-25章です。

日々の御言葉*4月4日

日々の御言葉 4/4
〇今週のテーマ:エクレシア
〇今日のタイトル:小羊の花嫁
〇聖句箇所:黙示録21:9-11
◇聖句*****
さて、最後の七つの災いの満ちた七つの鉢を持つ七人の天使がいたが、その中の一人が来て、わたしに語りかけてこう言った。「ここへ来なさい。小羊の妻である花嫁を見せてあげよう。」この天使が、“霊”に満たされたわたしを大きな高い山に連れて行き、聖なる都エルサレムが神のもとを離れて、天から下って来るのを見せた。都は神の栄光に輝いていた。その輝きは、最高の宝石のようであり、透き通った碧玉のようであった。
◇ひとくち解説*****
使徒ヨハネが見せられた新しい聖なる都エルサレムを、わたしたちもいつも心の目で見ていたいものです。そうすれば日々の悩みや苦しみもちっぽけなものに思えるでしょう。天の都エクレシアとキリストはしばしば花嫁と新郎に例えられます。わたしたちは花嫁が結婚式を心待ちにするように、日々キリストの再臨を憧れ望むのです。
◇クイズ*****
19章ではキリストの花嫁である教会は、輝く衣を身にまとっています。その衣は何でできているでしょう?
A. 絹 B. 麻 C. 綿 D. 化学繊維
☆今日からでも遅くない!聖書をひらいて聖書通読。今日の箇所は、申命記18-21章です。

日々の御言葉*4月2日

日々の御言葉 4/2
〇今週のテーマ:エクレシア
〇今日のタイトル:新しいエルサレム
〇聖句箇所:黙示録21:1-5
◇聖句*****
わたしはまた、新しい天と新しい地を見た。最初の天と最初の地は去って行き、もはや海もなくなった。更にわたしは、聖なる都、新しいエルサレムが、夫のために着飾った花嫁のように用意を整えて、神のもとを離れ、天から下って来るのを見た。そのとき、わたしは玉座から語りかける大きな声を聞いた。「見よ、神の幕屋が人の間にあって、神が人と共に住み、人は神の民となる。神は自ら人と共にいて、その神となり、彼らの目の涙をことごとくぬぐい取ってくださる。もはや死はなく、もはや悲しみも嘆きも労苦もない。最初のものは過ぎ去ったからである。」
◇ひとくち解説*****
神様の人類救済の歴史は、この新しい天と地に向かっており、これこそわたしたちが目指しているゴールなのです。それは「神が共におられる」全き平安の時代。エデンの園で至福直観のうちに神を体験していた喜びを、人類は回復するのです。人生というマラソンには、悲しみ、嘆き、労苦、病、死がありますが、その向こうにこのゴールをはるかに望みつつ、なお希望に満ちて走りぬきましょう。
◇クイズ*****
ヨハネは新しい都の栄光を「最高の宝石」の輝きにたとえていますが、その宝石は何?
A. 水晶 B. ひすい C. 碧玉 D. サファイヤ
☆今日からでも遅くない!聖書をひらいて聖書通読。今日の箇所は、申命記14-17章です。

日々の御言葉*4月2日

日々の御言葉 4/2
〇今週のテーマ:エクレシア
〇今日のタイトル:生ける神の教会
〇聖句箇所:1テモテ3:14-16
◇聖句*****
わたしは、間もなくあなたのところへ行きたいと思いながら、この手紙を書いています。行くのが遅れる場合、神の家でどのように生活すべきかを知ってもらいたいのです。神の家とは、真理の柱であり土台である生ける神の教会です。信心の秘められた真理は確かに偉大です。すなわち、キリストは肉において現れ、“霊”において義とされ、天使たちに見られ、異邦人の間で宣べ伝えられ、世界中で信じられ、栄光のうちに上げられた。
◇ひとくち解説*****
真理を保つ支柱・土台である教会は、「生ける神」のもので、生きておられる神が現存され、働かれる場所です。その教会が保つべき真理中の真理とは何でしょうか?それは「キリスト」ご自身です。教会(わたしたち)は現在を生きるキリストであり、キリストを目に見えるようにあらわす存在です。
◇クイズ*****
テモテの母はユダヤ人ですが、父親はなに人?
A. ユダヤ人 B. ギリシャ人 C. キレネ人 D. エチオピア人
☆今日からでも遅くない!聖書をひらいて聖書通読。今日の箇所は、申命記11-13章です。