日々の御言葉*6月17日

日々の御言葉 6/17
〇今週のテーマ:御名を呼ぶ
〇今日のタイトル:聖なる御名を唱え
〇聖句箇所:詩編30:2-6
◇聖句*****
主よ、あなたをあがめます。あなたは敵を喜ばせることなくわたしを引き上げてくださいました。わたしの神、主よ、叫び求めるわたしをあなたは癒してくださいました。主よ、あなたはわたしの魂を陰府から引き上げ、墓穴に下ることを免れさせ、わたしに命を得させてくださいました。主の慈しみに生きる人々よ、主に賛美の歌をうたい、聖なる御名を唱え、感謝をささげよ。ひととき、お怒りになっても、命を得させることを御旨としてくださる。泣きながら夜を過ごす人にも、喜びの歌と共に朝を迎えさせてくださる。
◇ひとくち解説*****
詩編を読むと、イスラエルの人々がいかに生活の中で御名を呼ぶことに親しんでいたかを知ることができます。今日の詩編は重病が癒やされたときに歌われたと思われます。苦しみの中で主を呼び求め、また回復されたときにも感謝をもって主の御名を呼びました。夜にも朝にも、困難にも喜びにも、御名を唱えるとき、主もまたそこにおられることを知っていたのですね。
◇クイズ*****
預言者ヨナが主の御名を唱えたのは、どこででしたか?(ヨナ2:8)
A.船の上 B.ニネベの町 C.魚の腹の中 D.樽の中
☆今日からでも遅くない!聖書をひらいて聖書通読。今日の箇所は、列王上10-11章です。

広告

日々の御言葉*6月16日

日々の御言葉 6/16
〇今週のテーマ:御名を呼ぶ
〇今日のタイトル:主の御名を唱える
〇聖句箇所:詩編20:7-10
◇聖句*****
今、わたしは知った主は油注がれた方に勝利を授け、聖なる天から彼に答えて右の御手による救いの力を示されることを。戦車を誇る者もあり、馬を誇る者もあるが、我らは、我らの神、主の御名を唱える。彼らは力を失って倒れるが、我らは力に満ちて立ち上がる。主よ、王に勝利を与え、呼び求める我らに答えてください。
◇ひとくち解説*****
この歌を詠んだダビデもまた、幼い頃から主の御名を唱える伝統に親しんでいました。少年時代、ペリシテの巨人ゴリアトと対戦したときはこう言いました。「わたしはお前が挑戦したイスラエルの戦列の神、万軍の主の名によってお前に立ち向かう!」王となり、強大な力を手に入れた後でも、ダビデはもっている戦車や馬に頼るのではなく、主の御名を唱えて困難を克服しました。今日という日、私たちも御名を呼んで困難に立ち向かいましょう!
◇クイズ*****
ゴリアトの身長は6アンマ半あったと聖書に書いてありますが、これはメートル法でどれぐらい?
A.190cm B.290cm C.390cm D.490cm
☆今日からでも遅くない!聖書をひらいて聖書通読。今日の箇所は、列王上8-9章です。

日々の御言葉*6月15日

日々の御言葉 6/15
〇今週のテーマ:御名を呼ぶ
〇今日のタイトル:主の御名を呼び始めた
〇聖句箇所:創世記4:25-26
◇聖句*****
再び、アダムは妻を知った。彼女は男の子を産み、セトと名付けた。カインがアベルを殺したので、神が彼に代わる子を授け(シャト)られたからである。セトにも男の子が生まれた。彼はその子をエノシュと名付けた。主の御名を呼び始めたのは、この時代のことである。
◇ひとくち解説*****
今週のテーマは「御名を呼ぶ」です。神の御名をただ理解している、また心で思っている、念じているというだけでは十分ではありません。聖書は御名を声を出して唱えるようにとうながしています。今日の箇所は人類が主の御名を呼び始めた記事です。アダムとエバは、かつてはエデンの園にいましたから神の現存を体験的に知っていました。しかし、その子、孫たちはアダムから神様の存在を伝え聞き、知っていたものの、もはやエデンの園には帰ることはできません。その神への渇きから彼らは主の御名を呼び始めたのです。聖書を通して脈々と流れる「御名を呼ぶ伝統」がここから始まったのです。
◇クイズ*****
エノシュが生まれたのはセトが何歳の時?
A.130歳 B.105歳 C.90歳 D.162歳
☆今日からでも遅くない!聖書をひらいて聖書通読。今日の箇所は、列王上6-7章です。

日々の御言葉*6月14日

日々の御言葉 6/14
〇今週のテーマ:コヘレトの言葉
〇今日のタイトル:神を畏れ、その戒めを守れ
〇聖句箇所:コヘレト12:12-14
◇聖句*****
それらよりもなお、わが子よ、心せよ。書物はいくら記してもきりがない。学びすぎれば体が疲れる。すべてに耳を傾けて得た結論。「神を畏れ、その戒めを守れ。」これこそ、人間のすべて。神は、善をも悪をも、一切の業を、隠れたこともすべて、裁きの座に引き出されるであろう。
◇ひとくち解説*****
一切は空の空と人生のむなしさを悟った著者が、最後に得た結論は「『神を畏れ、その戒めを守れ。』これこそ、人間のすべて。」永遠に変わらない絶対者であられる主の前に、崇敬の念をもって謙遜となり、畏怖を抱きつつ礼拝することこそ、わたしたちの幸福の源なのです。思い上がって自分の知恵と力とにより頼むことは、道を踏み外す第一歩です。レビ記ではしばしば「あなたの神を畏れなさい。わたしは主である。」と記されています。毎瞬間、御名を崇めながら主の御眼差しの前に歩むことこそ、最高の道であり、すべてなのです。
◇クイズ*****
聖書の中で神様はしばしば「恐れるな」と言ってご自分の元に招いておられます。聖書で最初に「恐れるな」と言われた人は誰?
A.アダム B.ノア C.アブラハム D.マリア
☆今日からでも遅くない!聖書をひらいて聖書通読。今日の箇所は、列王上3-5章です。

日々の御言葉*6月13日

日々の御言葉 6/13
〇今週のテーマ:コヘレトの言葉
〇今日のタイトル:創造主に心を留めよ
〇聖句箇所:コヘレト12:1-2
◇聖句*****
青春の日々にこそ、お前の創造主に心を留めよ。苦しみの日々が来ないうちに。「年を重ねることに喜びはない」と言う年齢にならないうちに。太陽が闇に変わらないうちに。月や星の光がうせないうちに。雨の後にまた雲が戻って来ないうちに。
◇ひとくち解説*****
「人生に喜びはない」と希望を失う前に、あなたにいのちを与えられた造り主を知り、覚え、心に刻みなさいと勧められています。わたしたちは自分で命を獲得したのではなく、造り主である神様から、一人一人目的を持って一度限りの命を与えられたのです。自分の創造主を心に留めることは、自分の存在の意味を深く考えることにつながります。今日一日創造主を想い、神様がわたしたちに抱いておられる理想を想いながら過ごしましょう。
◇クイズ*****
創造主である神様が人間を造られたのは、天地創造の第何日?
A.七日目 B.六日目 C.五日目 D.四日目
☆今日からでも遅くない!聖書をひらいて聖書通読。今日の箇所は、列王上1-2章です。

日々の御言葉*6月12日

日々の御言葉 6/12
〇今週のテーマ:コヘレトの言葉
〇今日のタイトル:あなたのパンを水に
〇聖句箇所:コヘレト11:1-3
◇聖句*****
あなたのパンを水に浮かべて流すがよい。月日がたってから、それを見いだすだろう。七人と、八人とすら、分かち合っておけ。国にどのような災いが起こるか分かったものではない。雨が雲に満ちれば、それは地に滴る。南風に倒されても北風に倒されても、木はその倒れたところに横たわる。…朝のうちに種をまけ、夕まで手を休めてはならない。実るのは、これであるか、あれであるか、あるいは二つともに良いのであるか、あなたは知らないからである。
◇ひとくち解説*****
「あなたのパンを水の上に投げよ」(口語訳)今はそれが無駄に見えても、また自分にどんなリスクがあったとしても、パンを人々に与え続けなさい、と聖書は言っているのです。宣教とは人間的に見るなら愚かな行為です。集会の案内をいくら投函しても教会まで足を運ぶ人はごくわずかです。骨折り損のくたびれもうけのように思えるかもしれません。けれども、信仰を持ってパンを投げ続けていくなら、必ず「月日がたってから、それを見いだす」ときが来るのです。神様のためにすることで無駄なことは一つもありません。
◇クイズ*****
85年前の今日はアンネ・フランクの誕生日です。どこで生まれましたか?
A.アムステルダム B.ウィーン C.フランクフルト D.エルサレム
☆今日からでも遅くない!聖書をひらいて聖書通読。今日の箇所は、エフェソ4-6章です。

日々の御言葉*6月11日

日々の御言葉 6/11
〇今週のテーマ:コヘレトの言葉
〇今日のタイトル:知恵によって町を救った
〇聖句箇所:コヘレト9:13-16
◇聖句*****
わたしはまた太陽の下に、知恵について次のような実例を見て、強い印象を受けた。ある小さな町に僅かの住民がいた。そこへ強大な王が攻めて来て包囲し、大きな攻城堡塁を築いた。その町に一人の貧しい賢人がいて、知恵によって町を救った。しかし、貧しいこの人のことは、だれの口にものぼらなかった。それで、わたしは言った。知恵は力にまさるというがこの貧しい人の知恵は侮られその言葉は聞かれない。
◇ひとくち解説*****
絶体絶命の危機にあった町を救ったのは、武力や権力ではなく、貧しくあったが知恵に満ちた人でした。まことの知恵とは何でしょうか?イエス・キリストは「神の知恵」と呼ばれ(1コリ1:24)また、「知恵と知識の宝はすべて、キリストの内に隠れています。」(コロサイ2:3)神の知恵そのものである、キリストを内住し、キリストをすべてのすべてとするとき、どんなに貧しく小さい存在であっても、家庭を救い、町を救い、世界を救うことができるのです!
◇クイズ*****
使徒言行録6章で、初期教会の7人の執事の一人に選ばれ、さながら天使のような顔で知恵と霊によって御言葉を語った人といえば誰?
A.フィリポ B.バルナバ C.ステファノ D.アクラ
☆今日からでも遅くない!聖書をひらいて聖書通読。今日の箇所は、エフェソ1-3章です。