日々の御言葉*4月22日

日々の御言葉 4/23
〇今週のテーマ:復活
〇今日のタイトル:ティベリアス湖畔で
〇聖句箇所:ヨハネ21:1-6
◇聖句*****
その後、イエスはティベリアス湖畔で、また弟子たちに御自身を現された。その次第はこうである。シモン・ペトロ、ディディモと呼ばれるトマス、ガリラヤのカナ出身のナタナエル、ゼベダイの子たち、それに、ほかの二人の弟子が一緒にいた。シモン・ペトロが、「わたしは漁に行く」と言うと、彼らは、「わたしたちも一緒に行こう」と言った。彼らは出て行って、舟に乗り込んだ。しかし、その夜は何もとれなかった。既に夜が明けたころ、イエスが岸に立っておられた。だが、弟子たちは、それがイエスだとは分からなかった。イエスが、「子たちよ、何か食べる物があるか」と言われると、彼らは、「ありません」と答えた。イエスは言われた。「舟の右側に網を打ちなさい。そうすればとれるはずだ。」そこで、網を打ってみると、魚があまり多くて、もはや網を引き上げることができなかった。
◇ひとくち解説*****
「子たちよ、何かとれたか?」とのイエスの問いが今日わたしたちの心に響きます。私たちは自分の現実をありのままにイエスのままに申し上げましょう「ありません」と。自分の力ではどうしようもない現実であっても、もしそこに復活し生きておられる主がおられるなら、なにも心配する必要はありません。あとは御言葉に従い、網を打つだけです。
◇クイズ*****
ヨハネはこのとき取れた魚の数を注意深く記しています。それは何匹?
A. 82匹 B. 126匹 C. 153匹 D. 265匹
☆今日からでも遅くない!聖書をひらいて聖書通読。今日の箇所は、ヨシュア記13-15章です。

広告

日々の御言葉*4月22日

日々の御言葉 4/22
〇今週のテーマ:復活
〇今日のタイトル:わたしの主
〇聖句箇所:ヨハネ20:26-29
◇聖句*****
さて八日の後、弟子たちはまた家の中におり、トマスも一緒にいた。戸にはみな鍵がかけてあったのに、イエスが来て真ん中に立ち、「あなたがたに平和があるように」と言われた。それから、トマスに言われた。「あなたの指をここに当てて、わたしの手を見なさい。また、あなたの手を伸ばし、わたしのわき腹に入れなさい。信じない者ではなく、信じる者になりなさい。」トマスは答えて、「わたしの主、わたしの神よ」と言った。イエスはトマスに言われた。「わたしを見たから信じたのか。見ないのに信じる人は、幸いである。」
◇ひとくち解説*****
ヨハネ福音書が書かれた目的は「イエスは神の子メシアであると信じるため、また、イエスの名により命を受けるため」です。トマスのイエスに対する「わたしの主よ、わたしの神よ」という告白こそ、ヨハネ福音書のクライマックスです。今日一日、わたしたちの内におられるイエス様に対して、わたしの主よ、神よと心から信仰をお捧げしましょう!
◇クイズ*****
トマスはやがてある国に宣教に行き、殉教したと伝えられ、その国には今でもトマスが建てたとされる教会があります。その国とはどこ?
A. インド B. スペイン C. エチオピア D. メキシコ
☆今日からでも遅くない!聖書をひらいて聖書通読。今日の箇所は、ヨシュア記10-12章です。

日々の御言葉*4月21日

日々の御言葉 4/21
〇今週のテーマ:復活
〇今日のタイトル:主をみてよろこんだ
〇聖句箇所:ヨハネ20:19-20
◇聖句*****
その日、すなわち週の初めの日の夕方、弟子たちはユダヤ人を恐れて、自分たちのいる家の戸に鍵をかけていた。そこへ、イエスが来て真ん中に立ち、「あなたがたに平和があるように」と言われた。そう言って、手とわき腹とをお見せになった。弟子たちは、主を見て喜んだ。
◇ひとくち解説*****
どんなに悲しみに沈み、疑いを抱き、絶望の闇に閉ざされて、心の扉を固く閉じていても、もし、復活されたキリストと出会うなら、全ては喜びに変えられます!「弟子たちは、主をみてよろこんだ」今日このみ言葉があなたの上に実現しますように。
◇クイズ*****
ヨハネによる福音書によると、イエスの御遺体の頭を包んでいた布はどのように置かれていましたか?
A. たたんであった B. 丸めてあった C. 持ち去られていた D. ぶら下がっていた
☆今日からでも遅くない!聖書をひらいて聖書通読。今日の箇所は、ヨシュア記8-9章です。

日々の御言葉*4月20日

日々の御言葉 4/20
〇今週のテーマ:復活
〇今日のタイトル:ここにはおられない
〇聖句箇所:マタイ28:5-8
◇聖句*****
天使は婦人たちに言った。「恐れることはない。十字架につけられたイエスを捜しているのだろうが、あの方は、ここにはおられない。かねて言われていたとおり、復活なさったのだ。さあ、遺体の置いてあった場所を見なさい。それから、急いで行って弟子たちにこう告げなさい。『あの方は死者の中から復活された。そして、あなたがたより先にガリラヤに行かれる。そこでお目にかかれる。』確かに、あなたがたに伝えました。」
◇ひとくち解説*****
祝復活祭!もしキリストの御生涯が十字架で終わっていたなら、わたしたちの信仰はむなしいものだったでしょう。けれども、キリストは人類にとって最後の「とげ」である死に対して、完全に勝利して下さいました。こうしてアダム以来のすべての罪と死とに終止符を打たれたのです。「ここにはおられない」死の暗闇の中に、悲しみにくれながらキリストを探し求める必要はありません。生きておられるキリストの方が、あなたに近づいて下さるからです!
◇クイズ*****
ヨハネによる福音書によると、彼女たちの報告の後、最初に墓に到着した弟子は誰?
A. ペトロ B. ヨハネ C. フィリポ D. トマス
☆今日からでも遅くない!聖書をひらいて聖書通読。今日の箇所は、ヨシュア記5-7章です。

日々の御言葉*4月19日

日々の御言葉 4/19
〇今週のテーマ:契約
〇今日のタイトル:キリストの契約の血
〇聖句箇所:マタイ26:26-29
◇聖句*****
「一同が食事をしているとき、イエスはパンを取り、賛美の祈りを唱えて、それを裂き、弟子たちに与えながら言われた。「取って食べなさい。これはわたしの体である。」また、杯を取り、感謝の祈りを唱え、彼らに渡して言われた。「皆、この杯から飲みなさい。これは、罪が赦されるように、多くの人のために流されるわたしの血、契約の血である。言っておくが、わたしの父の国であなたがたと共に新たに飲むその日まで、今後ぶどうの実から作ったものを飲むことは決してあるまい。」
◇ひとくち解説*****
最後の晩餐の際、イエス・キリストは厳かに新しい契約について語られました。そのお言葉通りキリストは十字架の上で、契約の血を流して下さいました。命のパンであるキリストを食べ、キリストの血の契約の杯を受ける人は、新しい契約に入れられ、キリストの命に生きるようになるのです。キリストの命を受け、キリストに同化され、「今を生きるキリスト」となることこそ新契約です。今日一日絶え間なく御名を崇めながら過ごしましょう!
◇クイズ*****
過越祭で食べるパンは、イースト菌を使わないクラッカーのようなものですが、このパンをヘブライ語で何という?
A. マツァー B. リッツ C. マエダノ D. センベイ
☆今日からでも遅くない!聖書をひらいて聖書通読。今日の箇所は、ヨシュア記1-4章です。

日々の御言葉*4月18日

日々の御言葉 4/18
〇今週のテーマ:契約
〇今日のタイトル:新契約
〇聖句箇所:エレミヤ31:31-34
◇聖句*****
見よ、わたしがイスラエルの家、ユダの家と新しい契約を結ぶ日が来る、と主は言われる。この契約は、かつてわたしが彼らの先祖の手を取ってエジプトの地から導き出したときに結んだものではない。わたしが彼らの主人であったにもかかわらず、彼らはこの契約を破った、と主は言われる。しかし、来るべき日に、わたしがイスラエルの家と結ぶ契約はこれである、と主は言われる。すなわち、わたしの律法を彼らの胸の中に授け、彼らの心にそれを記す。わたしは彼らの神となり、彼らはわたしの民となる。そのとき、人々は隣人どうし、兄弟どうし、「主を知れ」と言って教えることはない。彼らはすべて、小さい者も大きい者もわたしを知るからである、と主は言われる。わたしは彼らの悪を赦し、再び彼らの罪に心を留めることはない。
◇ひとくち解説*****
旧約(古い契約)は、ついにキリストの十字架によって新しい契約へと完成されます。キリストが十字架の上ですべての贖いを成し遂げられ息を引き取られた時、旧約の象徴であった神殿の幕(神と人とを隔てていたもの)が真っ二つに裂けました。こうしてキリストは尊い犠牲の死によって、わたしたちに新しい生きた道を開いて下さったのです。今日一日、キリストの十字架を仰ぎすごしましょう。
◇クイズ*****
十字架のイエスを仰いで「本当に、この人は神の子だった」と告白したのは誰?
A. 百人隊長 B. ヨハネ C. マグダラのマリア D. ニコデモ
☆今日からでも遅くない!聖書をひらいて聖書通読。今日の箇所は、使徒27-28章です。

日々の御言葉*4月17日

日々の御言葉 4/17
〇今週のテーマ:契約
〇今日のタイトル:ダビデとの契約
〇聖句箇所:2サムエル7:11-16
◇聖句*****
「主はあなたに告げる。主があなたのために家を興す。あなたが生涯を終え、先祖と共に眠るとき、あなたの身から出る子孫に跡を継がせ、その王国を揺るぎないものとする。この者がわたしの名のために家を建て、わたしは彼の王国の王座をとこしえに堅く据える。わたしは彼の父となり、彼はわたしの子となる。彼が過ちを犯すときは、人間の杖、人の子らの鞭をもって彼を懲らしめよう。わたしは慈しみを彼から取り去りはしない。あなたの前から退けたサウルから慈しみを取り去ったが、そのようなことはしない。あなたの家、あなたの王国は、あなたの行く手にとこしえに続き、あなたの王座はとこしえに堅く据えられる。」
◇ひとくち解説*****
主の前に忠実に歩んだダビデに対し主は大きな祝福の契約を与えられます。「あなたの身から出る子孫」が受け継ぐ王国と王座を、とこしえに堅く据えるという約束でした。この約束は究極的にはメシアによって実現されるのです。「ダビデの子」であるキリストによって、地上に永遠の神の国が完成されるのです。
◇クイズ*****
マルコ10章で、イエスに対して「ダビデの子」と告白したのは誰?
A. ペトロ B. バルテマイ C. カナンの女 D. トマス
☆今日からでも遅くない!聖書をひらいて聖書通読。今日の箇所は、使徒24-26章です。