日々の御言葉*2月3日

日々の御言葉 2/3
〇今週のテーマ:イスラエルの救い
〇今日のタイトル:ヤコブの苦しみの時
〇聖句箇所:エレミヤ30:4-7
◇聖句*****
次の言葉は、イスラエルとユダについて、主が語られたものである。主はこう言われる。戦慄の声を我々は聞いた。恐怖のみ。平和はない。 尋ねて、見よ男が子を産むことは決してない。どうして、わたしは見るのか、男が皆、子を産む女のように、腰に手を当てているのを。だれの顔も土色に変わっている。災いだ、その日は大いなる日、このような日はほかにはない。ヤコブの苦しみの時だ、しかし、ヤコブはここから救い出される。
◇ひとくち解説*****
イエス様が「世界の初めから今までなく、今後も決してないほどの大きな苦難」(マタイ24:21)と呼ばれるイスラエルの患難、ここでは「ヤコブの苦しみの時」と呼ばれています。この患難を経てイスラエルは完全に救われるのです。イエス様はこの期間が祈りによって縮められることを約束して下さいました。(マタイ24:22)「ヤコブの苦しみの時を縮めてください」と祈りましょう!
◇クイズ*****
預言者エレミヤは一章である植物の幻を見せられます。その植物とは?A.オリーブ B.なつめやし C.アーモンド D.いちじく
☆聖書をひらいて聖書通読!
 今日の箇所は、出エジプト25-27章です。

広告

日々の御言葉*2月2日

日々の御言葉 2/2
〇今週のテーマ:イスラエルの救い
〇今日のタイトル:定められた時
〇聖句箇所:詩編102:13-18
◇聖句*****
主よあなたはとこしえの王座についておられます。御名は代々にわたって唱えられます。どうか、立ち上がってシオンを憐れんでください。恵みのとき、定められたときが来ました。あなたの僕らは、シオンの石をどれほど望み、塵をすら、どれほど慕うことでしょう。国々は主の御名を恐れ、地上の王は皆、その栄光におののくでしょう。主はまことにシオンを再建し、栄光のうちに顕現されます。
◇ひとくち解説*****
イスラエルの霊的再建こそ、主が栄光の内に顕現される再臨のために、なくてならない出来事です。世界に恒久の平和を樹立するためにはどうしてもメシアの再臨が必要ですから、わたしたちはそのための条件である、イスラエルの救いを祈るのです。シオンを愛し、主よどうか今こそ立ち上がって下さいと祈るものとなりましょう。
◇クイズ*****
シオンはエルサレムの町を現しますが、イザヤ書2章では、「主の教えはシオンから、○○○はエルサレムから」とあります。○○○に入るのは?A.御言葉 B.おきて C.主の愛 D.へいわ
☆聖書をひらいて聖書通読!
 今日の箇所は、出エジプト22-24章です。

日々の御言葉*2月1日

日々の御言葉 2/1
〇今週のテーマ:クリスチャン
〇今日のタイトル:星のように輝く
〇聖句箇所:フィリピ2:14-16
◇聖句*****
何事も、不平や理屈を言わずに行いなさい。そうすれば、とがめられるところのない清い者となり、よこしまな曲がった時代の中で、非のうちどころのない神の子として、世にあって星のように輝き、命の言葉をしっかり保つでしょう。こうしてわたしは、自分が走ったことが無駄でなく、労苦したことも無駄ではなかったと、キリストの日に誇ることができるでしょう。
◇ひとくち解説*****
昼間明るい間は、星は見えません。暗くなればなるほど明るく輝きます。世の中が悪くなればなるほど、暗くなればなるほど、キリスト者はその中にあって星のように輝き、キリストの光を輝かせる存在なのですね。世の暗さに対して不平や理屈ばかりを言うのではなく、「命の言葉」をしっかり握りしめたいものです。
◇クイズ*****
パウロがフィリピの町に滞在している間に救われた紫布の商人の女性とは?(ヒント:使徒16章)A.プリスキラ B.リディア C.タビタ D.マリア
☆聖書をひらいて聖書通読!
 今日の箇所は、出エジプト19-21章です。

日々の御言葉*1月31日

日々の御言葉 1/31
〇今週のテーマ:クリスチャン
〇今日のタイトル:光の子
〇聖句箇所:エフェソ5:8-9
◇聖句*****
あなたがたは、以前には暗闇でしたが、今は主に結ばれて、光となっています。光の子として歩みなさい。――光から、あらゆる善意と正義と真実とが生じるのです。――
◇ひとくち解説*****
霊的に全く無知であり、キリストを知らず、未来に対して希望もなく、罪の深淵に埋没し、霊的死人であった私たちが、どのようにして「光の子」となることができるのでしょうか?その鍵は「主に結ばれて」という言葉です。キリストと一致することによって神の栄光を全存在をもって放射することができるのです。これこそクリスチャンの到達すべき姿です。
◇クイズ*****
この章の最後でパウロは「キリストと教会」の関係をあらわすものしてどんな人間関係を記していますか?A.父と子 B.主人と僕 C.夫と妻 D.友と友
☆聖書をひらいて聖書通読!
 今日の箇所は、出エジプト16-18章です。

日々の御言葉*1月30日

日々の御言葉 1/30
〇今週のテーマ:クリスチャン
〇今日のタイトル:神に仕える祭司
〇聖句箇所:黙示録1:4-6
◇聖句*****
今おられ、かつておられ、やがて来られる方から、また、玉座の前におられる七つの霊から、更に、証人、誠実な方、死者の中から最初に復活した方、地上の王たちの支配者、イエス・キリストから恵みと平和があなたがたにあるように。わたしたちを愛し、御自分の血によって罪から解放してくださった方に、わたしたちを王とし、御自身の父である神に仕える祭司としてくださった方に、栄光と力が世々限りなくありますように、アーメン。
◇ひとくち解説*****
わたしたちのような異邦人の罪人のために、御子イエスキリストは尊い血を流して下さったのです。その効果は、単に罪が赦され天国の約束を受けるというだけにとどまらず、わたしたちを王とし、神の祭司とするのに十分なのです。祭司は祈りと犠牲を献げて、神と人とを仲介し、出会わせる存在です。何という尊い使命!
◇クイズ*****
この後ヨハネは幻の中でキリストを見ますが、主はその手に何を持っておられたでしょう?A.7つのラッパ B.7つの燭台 C.7つの星 D.7つのコイン
☆聖書をひらいて聖書通読!
 今日の箇所は、出エジプト13-15章です。

日々の御言葉*1月29日

日々の御言葉 1/29
〇今週のテーマ:クリスチャン
〇今日のタイトル:御名を呼んでいる人々
〇聖句箇所:1コリント1:2-3
◇聖句*****
コリントにある神の教会へ、すなわち、至るところでわたしたちの主イエス・キリストの名を呼び求めているすべての人と共に、キリスト・イエスによって聖なる者とされた人々、召されて聖なる者とされた人々へ。イエス・キリストは、この人たちとわたしたちの主であります。わたしたちの父である神と主イエス・キリストからの恵みと平和が、あなたがたにあるように。
◇ひとくち解説*****
「主の御名を呼び求める人々」…新約聖書時代のクリスチャンはそのように呼ばれていたんですね。御名を呼んで神と出会い、御名を呼んで病気が癒されるように祈り、御名を呼んで祈り願う…それがクリスチャンのライフスタイルだったのです。今日、初期のクリスチャンに倣い、ことあるごとに主の御名を呼び過ごしてみましょう!
◇クイズ*****
コリント教会があった町は、今は何という国にある?A.トルコ B.ギリシャ C.シリア D.ブラジル
☆聖書をひらいて聖書通読!
 今日の箇所は、出エジプト10-12章です。

日々の御言葉*1月28日

日々の御言葉 1/28
〇今週のテーマ:クリスチャン
〇今日のタイトル:選ばれた者
〇聖句箇所:エフェソ1:4-5
◇聖句*****
天地創造の前に、神はわたしたちを愛して、御自分の前で聖なる者、汚れのない者にしようと、キリストにおいてお選びになりました。イエス・キリストによって神の子にしようと、御心のままに前もってお定めになったのです。
◇ひとくち解説*****
あなたという一人の人間は、この宇宙も存在しない前から、既に神様の御心の中に覚えられ、愛されていたと知った時、深い感動を覚えないでしょうか?そして神様は、人類の歴史の中でただ一人しかいないあなたにしかできない何か特別なことを計画しておられるとしたら、その計画が何か知りたくないでしょうか?神様の愛とご計画を深く思いめぐらしてみましょう。
◇クイズ*****
昨日はヴォルフガング=アマデウス=モーツァルトの誕生日(1756年1月27日)でした。アマデウスってどういう意味?A.神に愛される者 B.神をたたえる者 C.神に捧げられた者 D.神に捨てられた者
☆聖書をひらいて聖書通読!
 今日の箇所は、出エジプト7-9章です。