日々の御言葉 11月25日

日々のみ言葉 11月25日
○今日のタイトル 整えられた者となる
○通読箇所 2テモテ3章

◇今日の聖句
聖書はすべて神の霊感によるもので、教えと戒めと矯正と義の訓練のために有益です。神の人がすべての良い働きにふさわしく、十分に整えられた者となるためです。

◇ひとくち解説
パウロは教会を混乱させている「信仰の失格者」について述べ、テモテの立場との違いを明確にします。1〜9節で、偽教師(悪い者たちや詐欺師たち)の真相を暴いたパウロは、「しかしあなたは」と、反対の生き方を提示するのです。
「神の人がすべての良い働きにふさわしく、十分に整えられた者となる」(3:17)ためには、何を基盤とすべきでしょうか。それは、テモテ自身が幼いころから、母や祖母を通して親しんできた「聖書」(旧約聖書とすでに書かれていたいくつかの新約聖書)です。「いつも学んでいるのに、いつになっても真理を知ることができ」ないという、教会の混乱は、キリスト・イエスに対する信仰が聖書の土台の上に立っていないからなのです。 聖書を「神の霊感によるもの」(3:16 直訳:神に息吹かれたもの)と信じ、敬虔に受け止めるとき、生きたみ言葉自身が、力を発揮してくださいます。(ヘブル4:12)
あなたがたが新しく生まれたのは、…生きた、いつまでも残る、神のことばによるのです。『…草はしおれ、花は散る。しかし、主のことばは永遠に立つ』」(1ペテロ1:23-25)

◇クイズ
11節にあるパウロが迫害を受けた3つの町のうち、テモテの出身地は?
1.アンティオキア 2.イコニオン 3.リステラ