日々の御言葉 11月19日

日々のみ言葉 11月19日
○今日のタイトル 生ける神の教会
○通読箇所 1テモテ3章

◇今日の聖句
神の家とは、真理の柱と土台である、生ける神の教会のことです。

◇ひとくち解説
「信仰から生まれる愛」(1:5)を見失い、「むなしい議論に迷い込み」(1:6)、混乱の中にある教会を、本来あるべき姿へと回復するため、3章でパウロは秩序の回復を強調します。
まず「神の教会を世話する」(3:5)立場の人々、「監督」や「執事」のような役割を持った信徒たちが、率先して品位を保つよう勧めます。
さらに、何にもまして、「神の家」(3:15)である教会が、「違った教え」ではなく、もう一度「真理の柱と土台」の上にしっかり立つことが大切です。
その土台・柱とは「生ける神」(3:15)です。共同体の中で実存的に生きておられる主こそ、教会のすべてです。かつて荒野の旅で「火の柱・雲の柱」として民を導かれた「生ける神」は、今、受肉された御子キリストによって私たちと共にいてくださいます。それがパウロのいう「信仰の奥義」(3:9)「敬虔の奥義」(3:16)なのです。
ペテロはイエスに告白しました。「あなたは生ける神の子キリストです」(マタイ16:16)と。教会が、この信仰の土台の上に立つとき、「よみの門もそれに打ち勝つことはできません。」

◇クイズ
黙示録3章で、「神の神殿の柱とする」と約束されたのはどの教会ですか? 1.ラオディキア 2.フィラデルフィア 3.サルディス