日々の御言葉 11月18日

日々のみ言葉 11月18日
○今日のタイトル すべての人のために
○通読箇所 1テモテ2章

◇今日の聖句
すべての人のために願い、祈り、とりなし、感謝をささげなさい。…神は、すべての人が救われて、真理を知るようになることを望んでおられます。

◇ひとくち解説
パウロはエペソの教会で働く、テモテに手紙を書きます。この教会で「違った教え」を説く人々が混乱を起こしていたからです。1章で罪人を救い、永遠のいのちを与えるために来られたキリストー「栄光の福音」を提示したパウロは、2章から福音に基づいた具体的な勧めを展開します。
2章の最初では祈りの重要性が説かれます。教会は議論ではなく祈りによって、品位と平安の内にあるべきなのです。パウロは、「すべての人のために」祈るように言います。気の合う仲間のためだけではなく、社会的立場や文化の違いを超えて、すべての人のために祈ることが教会の使命です。
その根拠は「神は、すべての人が救われて、真理を知るようになることを望んでおられ」るからです。一人も滅びることを望まれない神の愛に満たされ、神と人との間の唯一の仲介者であるキリストと一つとなり、「どこででも、きよい手を上げて」祈りたいものです。
こうして集会の秩序を取り戻すことで、教会が福音の輝きを放つことを、主は望んでおられるのです。

◇クイズ
1章でパウロは、健全な良心を捨てて、信仰の破船にあってしまった2人の人の名を挙げています。それはアレクサンドロと誰? 1.ヒメナイ 2.ルフォス 3.ニコライ

投稿者:

聖イエス会福音教会

福音教会牧師室より

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください