日々の御言葉 11月1日

日々のみ言葉 11月1日
○今日のタイトル 神の箱
○通読箇所 サムエル上5-6章

◇今日の聖句
ベテ・シェメシュの人たちは、谷間で小麦の刈り入れをしていたが、目を上げると、神の箱が見えた。彼らはそれを見て喜んだ。

◇ひとくち解説
イスラエルはペリシテ人との戦いで、神の箱を利用して勝利を得ようとしました。その身勝手さのゆえに、神の箱は奪われてしまったのです。一方のペリシテ人は勝利は自分たちの神ダゴンがイスラエルの神より優れているからだと考えました。しかし実際は逆でした。鍵になる語は5-6章で7回も繰り返されている(主の)「手」יָדという語です。偶像ダゴンの「手」は、力なく切り離されましたが、主の手はイスラエルの外にあっても力強く働くのです。
ペリシテ人は恐れて、神の箱を返そうとします。乳を飲ませている母牛に引かせた車に神の箱を載せました。雌牛は子牛の方ではなく、イスラエルに向かって進み続け、右にも左にもそれませんでした。牛の母性本能よりも、イスラエルに帰ることを望まれる神の御思いが強かったからです。この事件を通して、ペリシテ人さえも、イスラエルの神、主が力あるお方であると知るようになりました。
今も力強く働く主の御手に、いつも信頼し、期待したいものです。
「あなたは前からうしろから私を取り囲み御手を私の上に置かれました。」(詩 139:5 )「御手を伸ばし、あなたの聖なるしもべイエスの名によって、癒やしとしるしと不思議を行わせてください。」(使4:30)

◇クイズ
6章によると主の箱がペリシテ人の地にあったのはどれぐらいの間でしたか。
1.7週間 2.7か月 3.7年