日々の御言葉 6月11日

日々のみ言葉 6月11日
○今日のタイトル 安住の地
○通読箇所 申命記11-12章

◇今日の聖句
しかし、あなたがたが渡って行って所有しようとしている地は、山と谷の地であり、天からの雨で潤っている。そこは、あなたの神、【主】が求められる地で、年の初めから年の終わりまで、あなたの神、【主】が絶えずその上に目をとどめておられる地である。

◇ひとくち解説
11章はモーセの第二説教前半の結びです。12章からは「申命法典」と呼ばれる定めが続きます。
11章でモーセは、主に聞き従うことによって、主が約束の地に、どれほどすばらしい祝福を用意しておられるかを強調します。
雨のほとんどないエジプトでの農業は、ナイル川の氾濫に頼っていました。人間の手で用水路を掘り、「自分の力で水をやっていた」(11:10)のです。
しかし約束の地は、主が降らせてくださる「天からの雨で潤って」(11節)います。「【主】が絶えずその上に目をとどめておられる地」なのです。彼らは人の力や努力によるのではなく、神の恵みを信頼して生きるようになるのです。 「あなたは」という個人的な呼びかけは11章では、より「あなたがたは」という民に対する呼びかけとなります。
アダム一人がエデンの園で負った責任を、今度は、イスラエルの民が共同体として約束の地で追うことになるのです。

◇クイズ
11:30に「モレの樫の木」について書かれていますが、ここに初めて祭壇を築いたのは誰?(創世記12章) 1.アブラム 2.ヤコブ 3.ヨシュア