日々の御言葉 6月8日

日々のみ言葉 6月8日
○今日のタイトル 愛されたから
○通読箇所 申命記7-8章

◇今日の聖句
事実あなたがたは、あらゆる民のうちで最も数が少なかった。しかし、【主】があなたがたを愛されたから、…あなたを贖い出されたのである。

◇ひとくち解説
「【主】を愛しなさい。」(6:5)と命じられるのはなぜでしょうか。それはまず「【主】があなたがたを慕い、あなたがたを選ばれ…あなたがたを愛されたから」(7:7-8)です。そして、ご自分の誓いを誠実に果たされ、贖い出してくださったからです。無条件に愛されたということが、主を愛することの動機なのです。
「人はパン(神が与えられる何か)だけで生きるのではなく、人は【主】の御口から出るすべてのことば(神ご自身に聞き従うこと)で生きる」(8:3)のです。40年の荒野の旅は、その「主の道」(8:6)…自らの小ささと神の愛の大きさを知り、主に信頼する道を教えるための訓練でした。 何の不自由もなくパンを得、満ち足りた生活に入ったとき、「心が高ぶり」(8:14)主を忘れることがないようにと警告されています。
わたしたちも、主がどれほど私たちを愛してくださったかを決して忘れることがありませんように。「あなたの神、【主】を心に据えなさい。」(8:18)

◇クイズ
7:6でイスラエルの民は何と呼ばれていますか?
1.瞳の民 2.宝の民 3.うなじの固い民