日々の御言葉 5月13日

日々のみ言葉 5月13日
○今日のタイトル モーセとアロンの罪
○通読箇所 民数記19-20章

◇今日の聖句
【主】はモーセに告げられた。「杖を取れ。…あなたがたが彼らの目の前で岩に命じれば、岩は水を出す。彼らのために岩から水を出して、会衆とその家畜に飲ませよ。」

◇ひとくち解説
これまで数多くの民の神に対する反逆について記されてきましたが、ここで、ついに、モーセとアロンさえも罪を犯します。
民が水の不足を訴えたとき、主がモーセに示された方法は「彼らの目の前で岩に命じれば、岩は水を出す」(20:8)でした。岩に語りかけさえすればよかったのです。
しかし、奇跡的にアーモンドが実ったあの杖(17:8)を手にしたとき、モーセとアロンの心に自負の念が生まれたのです。自分は神から選ばれたものなのだと。さらに、民が「あなたがたは【主】の集会をこの荒野に引き入れ…」(20:4)と、あたかもモーセとアロンが旅を主導したかのように言ったことも、彼らを惑わしてしまったのかもしれません。
モーセは、神の命じられたようには行わず、杖で岩を二度打ちました。かつてホレブ山で同じように岩から水を出した経験(出エジ17章)に頼ったのです。さらに、「この岩から、われわれが」(20:10)と、自分たちがなしたかのように言いました。
主は憐れみをもって豊かな水を与えられました。しかし、モーセとアロンは悲しい罪の代償を負わなければなりませんでした。彼らもまた約束の地に入ることができなくなったのです。この事件は「主のみが聖であることを」示すしるしとして、後々まで語り継がれることになります。(詩編81:7、95:8、106:32-33)

◇クイズ
20:14でモーセはどの民に「兄弟」と呼びかけましたか?1.ミデアン人 2.アマレク人 3.エドム人

投稿者:

聖イエス会福音教会

福音教会牧師室より

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください