日々の御言葉 4月30日

日々のみ言葉 4月30日
○今日のタイトル 神殿での証言
○通読箇所 使徒の働き22章

◇今日の聖句
『私たちの父祖の神は、あなたをお選びになりました。あなたがみこころを知り、義なる方を見、その方の口から御声を聞くようになるためです。あなたはその方のために、すべての人に対して、見聞きしたことを証しする証人となるのです。』

◇ひとくち解説
連行されていくパウロは、エルサレムの民に語りかけます。彼は「同胞のためなら…のろわれた者となってもよいとさえ思って」(ローマ9:3)いました。エルサレムの人々も自分と同じように神の恵みの福音に入ることを願いつつ、パウロは大胆に主が自分にしてくださったことを話します。
復活のキリストと出会った後、パウロはアナニアを通して、主の選びの理由を知ります。それは ①みこころを知り、②義なる方(主キリスト)を見、 ③御声を聞き…その上で、キリストの証人となることでした。そして、主が自分に進むべき道を示されたのは、他ならぬここエルサレム神殿であったと、パウロは語ります。
エルサレムの人々は、イエスが主として、神殿でパウロに語りかけられたことを知り衝撃を受けました。それは、到底受け入れがたいことでした。
しかしやがて異邦人の満ちる時が来たなら、イスラエルの民もまた、みこころを知り、キリストを見、その御声を聞き、「こうして、イスラエルはみな救われるのです。」(ローマ11:26)その日まで、パウロの祈りは教会に響き続けます。「私の心の願い、彼らのために神にささげる祈りは、彼らの救いです。」(同10:1)

◇クイズ
天からのまばゆい光がパウロを照らしたのは、いつごろでしたか?
1.夜明け 2.真昼 3.夕暮れ