日々の御言葉 4月26日

日々のみ言葉 4月26日
○今日のタイトル コリントで
○通読箇所 使徒の働き18章

◇今日の聖句
ある夜、主は幻によってパウロに言われた。「恐れないで、語り続けなさい。黙ってはいけない。わたしがあなたとともにいるので、あなたを襲って危害を加える者はいない。この町には、わたしの民がたくさんいるのだから。」

◇ひとくち解説
パウロの第二回宣教旅行は続きます。コリントは、交通の要所であり、経済的に繁栄し、ローマ人、ギリシヤ人、ユダヤ人など様々な人々が集まる町でした。一方で道徳的な乱れがまん延していました。
この喧噪の町に来た時、パウロは「恐れおののいていました。」(1コリ2:3)逃げ出したくなるような彼に主は、ユダヤ人クリスチャン夫妻、アキラとプリスキラとの出会いを与えてくださいました。彼らは「自分のいのちを危険にさらして」(ローマ16:4)パウロを守りました。また、会堂の隣に住んでいた異邦人ユストの救いをきっかけに、ユダヤ人会堂司クリスポ一家の救いが与えられました。異邦人を通してユダヤ人に祝福がもたらされたことは、画期的なことでした。
さらに主はパウロを励まされます。「恐れないで、語り続けなさい。…わたしがあなたとともにいる…この町には、わたしの民がたくさんいるのだから」と。「わたしの民」は本来イスラエルの民を指す言葉です。しかしここで主は、雑多で、道徳的に退廃し、真の神を知らないこの町の人々を「わたしの民」と呼ばれます。一人も滅びることを望まれない、この主の愛に触れ、パウロは「十字架のことば」(1コリ1:18)を語り続けたのでした。

◇クイズ
18:18、パウロはケンクレアで誓願のゆえに何をしましたか?1.断食した 2.荒布をまとった 3.髪をそった

投稿者:

聖イエス会福音教会

福音教会牧師室より

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください