日々の御言葉 4月6日

日々のみ言葉 4月6日
○今日のタイトル ことごとく行った
○通読箇所 出エジプト37−38章

◇今日の聖句
ユダ部族に属する、フルの子ウリの子ベツァルエルは、【主】がモーセに命じられたことをことごとく行った。

◇ひとくち解説
出エジプト記35〜40章では、25〜31章で命じられた幕屋建築の指示が実行に移されます。32−34章の「金の子牛」事件で、民は主を裏切り罪を犯しました。それは心痛ましい失敗でしたが、その混沌と闇を通して、みずからの弱さを認め、主が神であることをより深く知り、主の憐れみの中を歩む喜びを知ったのです。だからこそ、民は「【主】がモーセを通して行うように命じられたすべての仕事のために、心から進んで献げ」、奉仕したのでした(35:29)。
この建設の最初に「六日間は仕事をする」と「安息日」について語られている(35:1−3)のは興味深いことです。民の幕屋建設は、主の天地創造の御業と深く関係しているのです。民は、神の霊と知恵に満たされ、主の命じられたとおりに行うことによって、主の創造の御業の協力者となったのです。その最後の「彼らは、見よ、【主】が命じられたとおりに行っていた。そこでモーセは彼らを祝福した」(39:43)という結論は、天地創造の第6日の「見よ、それは非常に良かった」(創世記1:31)という言葉と重なります。
わたしたちも、主のみ心をことごとく行うことによって、この地を神の住まいとする主の御業に協力したいものです。

◇クイズ
ユダ族のベツァルエルと共に協力して、建設事業に携わったダン族の人といえば?
1.イタマル 2.アヒサマク 3.オホリアブ