日々の御言葉 2月17日

日々のみ言葉 2月17日
○今日のタイトル 太陽のように輝き
○通読箇所 マタイ17章

◇今日の聖句
それから六日目に、イエスはペテロとヤコブとその兄弟ヨハネだけを連れて、高い山に登られた。すると、弟子たちの目の前でその御姿が変わった。顔は太陽のように輝き、衣は光のように白くなった。

◇ひとくち解説
前の章で、ペトロはイエスを「生ける神の子キリスト」と告白しましたが、6日後、イエスはその信仰の意味することを目に見えるように現わされました。その輝きは旧約のモーセやエリヤの輝きとは全く質が違います。彼らは、自分が目にした神の栄光を、部分的に、束の間反映したに過ぎませんが、イエスの輝きは、ご自分が「世界の基が据えられる前から」(ヨハネ17:24)もっておられた「生ける神の子」の栄光なのです。
イエスはこの高い山に留まらず、背を向けて降りられます。その栄光に固執しないで、自分を空しくし、「不信仰な曲がった時代」(17節)のただ中に身を置き、十字架の死に向かって一筋の道を歩まれます。それは、その死と復活によって、私たちにご自分と同じ栄光を与えるためでした。
今日もイエスの祈りが響きます。「わたしは、あなたが下さった栄光を彼らに与えました。わたしたちが一つであるように、彼らも一つになるためです。」(ヨハネ17:22)神は愛なり。

◇クイズ
章の最後で、イエスはペトロが釣った魚の口にいくら見つかると言われましたか?
1.銅貨二枚 2.銀貨一枚 3.紙幣一枚