日々の御言葉 2月11日

日々のみ言葉 2月11日
○今日のタイトル あの子の代わりに
○通読箇所 創世記42-43章

◇今日の聖句
ですから、どうか今、このしもべを、あの子の代わりに、あなた様の奴隷としてとどめ、あの子を兄弟たちと一緒に帰らせてください。

◇ひとくち解説
ヨセフは兄たちの心を試すため、シメオンを残して末弟ベニヤミンを連れてくるよう求めます。そのベニヤミンに盗みの嫌疑がかけられ、奴隷として奪われそうになったとき、ユダはそれを阻止しようと弁明します。この<創世記中最長の弁明>によってヨセフ物語は大きな転機を迎えるのです。
ユダはヨセフに「近づいて」話し始めます(18節)。この「近づいてוַיִּגַּשׁ+話すוַיֹּאמֶר」という表現は、かつてアブラハムが主にソドムの町のために執り成すときに使われています(18:23)。ユダは今、曾祖父アブラハムが「正しい者」のため執り成したように、弟のために執り成すのです。かつてヨセフを売ろうと提案したのはこのユダでした(37:27)。今は、自らベニヤミンの「保証人」となり、無代価で身代わりの奴隷となることを申し出ます。それはまた父の命をも救うためでした(30節)。この、命をかけた申し出によって、ヤコブ家に長らく続いた悩みの時は、終わりを迎えるのです。
ユダは知るよしもありませんが、やがてほかならぬユダの子孫からイエス・キリストが生まれます。メシアの命によって、全世界の罪の代価が完済され、全人類の祝福が回復されるという神のご計画の一端を、ここに垣間見ることができます。

◇クイズ
ヨセフがベニヤミンの食糧袋に入れさせた杯は、どんな杯? 1.銀 2.金 3.青銅