日々の御言葉 2月8日

日々のみ言葉 2月8日
○今日のタイトル 売られたヨセフ
○通読箇所 創世記37章

◇今日の聖句
そのとき、ミディアン人の商人たちが通りかかった。それで兄弟たちはヨセフを穴から引き上げ、銀二十枚でヨセフをイシュマエル人に売った。イシュマエル人はヨセフをエジプトへ連れて行った。

◇ひとくち解説
37章から「ヨセフ物語」が始まります。これまでのアブラハム・イサク・ヤコブの物語と違い、ヨセフは一度も神からの直接的な語りかけを聞いていません。しかし、主は沈黙のうちに共におられ、隠れた手をもって導いてゆかれます。
この家族から平安は失われていました。ヤコブはヨセフを偏愛し、ヨセフは告げ口をし、後先を考えもしないで夢の話をして反感を買い、兄たちはヨセフをねたみました。そしてついに、ヨセフは兄たちによって隊商に売り飛ばされてしまうのです。かつて父イサクを騙したヤコブでしたが、今10人の息子から騙され、嘆きの淵の底に立たされました。
あまりにも愚かな悲劇です。しかし、この失敗でさえも、神は救いの始まりとされるのです。やがて神は、<売られたヨセフ>を通して、全家族のみならず、エジプト全土を救われるのです。ここに人間の善悪を超えて現される、神の憐れみを見ます。
結末を知ることの出来ない闇の中にあっても、主のご計画を信じたいものです。
すべてのものが神から発し、神によって成り、神に至るのです。この神に、栄光がとこしえにありますように。アーメン。」(ローマ11:36)

◇クイズ
10人の兄たちのうち、ヨセフをイシュマエル人に売ろうと提案したのは誰でしたか? 1.ルベン 2.シメオン 3.ユダ