日々の御言葉 1月8日

日々のみ言葉 1月8日
○今日のタイトル わたしが示す地へ
○通読箇所 創世記12-13章

◇今日の聖句
【主】はアブラムに言われた。「あなたは、あなたの土地、あなたの親族、あなたの父の家を離れて、わたしが示す地へ行きなさい。そうすれば、わたしはあなたを大いなる国民とし、あなたを祝福し、あなたの名を大いなるものとする。あなたは祝福となりなさい。…地のすべての部族は、あなたによって祝福される。」

◇ひとくち解説
神の人類救済のプランは12章から新展開を見ます。アブラハムとその子孫を通して全世界の祝福を回復されるのです。主がなぜアブラムを選ばれたのかは全く書かれていません。その選びは青天の霹靂でした。しかし、アブラムは理由も行く先を知らずに、即座にその選びにこたえました。
ここにおいて、神はアダムとエバに対する呪いを逆転させる一筋の流れを起こされます。「苦しんで子を産む」(3:16)に対して「大いなる国民(子孫の繁栄)」を、「荒れた大地」に対して「約束の地」を、「追放」に対して「祝福」を与えると約束されます。
パウロは、12:7の「子孫」が単数形で書かれていることを強調して、「それはキリストのことです。」(ガラテヤ3:16)と言っています。これらの約束は、アブラハムの子としておいでになるメシアによって実現するのです。
神は全人類のためにエデンの園への「帰路」を備えられます。12章はその旅路の始まりなのです。今日も主はその道に招かれます。「わたしが示す地へ行きなさい」と。

◇クイズ
13章の終わりで、アブラムが住み、主のための祭壇を築いたのは、何の木のそばでしたか?
1. ゴフェル 2.あかしあ 3.樫

投稿者:

聖イエス会福音教会

福音教会牧師室より

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください