日々の御言葉 12月31日

日々のみ言葉 12月31日
○今日のタイトル 何の妨げもなく
○通読箇所 使徒28章

◇今日の聖句
パウロは、自費で借りた家に丸二年間住んで、訪問する者はだれかれとなく歓迎し、全く自由に何の妨げもなく、神の国を宣べ伝え、主イエス・キリストについて教え続けた。https://www.bible.com/bible/1819/ACT.28.新共同訳

◇ひとくち解説
すでに見てきたように、パウロは思いもよらぬ方法で都ローマに到着しました。そこで護衛付きで一人で住むことが許されたのです。今までのように街角や会堂に立って語るという方法は制限されていたかもしれません。しかし今、彼を訪問する人々に伝えるとう方法で、「全く自由に何の妨げもなく」(31節)福音を宣べ伝え続けるのです。実際この方法でなければ、「皇帝の家の人たち」(フィリピ4:22)にまでキリストを証することはできなかったでしょう。
私たちも今、福音宣教に大きな制約を受けているように見えます。けれども、「折が良くても悪くても」(2テモテ4:2)、主は必ず道を備え「少しもはばかることなく、また妨げられることもなく」(31節新改訳2017)キリストを伝える方法を備えてくださいます。私たちもやがてこう言うでしょう。「わたしの身に起こったことが、かえって福音の前進に役立った」と。(フィリピ1:12)

◇クイズ
パウロに父親の病気を癒してもらったマルタ島の長官の名は? 1.プブリウス 2.ディオスクロイ 3.ユリウス

日々の御言葉 12月30日

日々のみ言葉 12月30日
○今日のタイトル 元気を出しなさい
○通読箇所 使徒27章

◇今日の聖句
「皆さん、元気を出しなさい。わたしは神を信じています。わたしに告げられたことは、そのとおりになります。」
https://www.bible.com/bible/1819/ACT.27.新共同訳

◇ひとくち解説
囚人パウロのローマへの護送が始まります。舟は冬の風に行く手を阻まれますが、「人々は望みどおりに事が運ぶと考えて錨を上げ」(13)ます。根拠のない楽観的な希望は、暴風によって打ち砕かれました。「太陽も星も見えず」(20節)絶望の暗闇に閉ざされた船の上で、希望の星と輝いたのはパウロでした。「皆さん、元気を出しなさい。」(25節)と励まします。その落ち着きはどこから来るのでしょうか。
第一に「わたしは神を信じています。」(25節)主イエス・キリストこそ永遠に変わらない希望の源です。
第二に「わたしに告げられたことは、そのとおりになります。」それは皇帝の前に出頭しキリストを証するという使命です。この嵐さえも使命のために神が立てられた計画の一部だと信じたのです。
この希望に基づいて、パウロは皆に「どうぞ何か食べてください」(34節)と勧めます。できないことばかりを見ず、目の前のすべきことに目を向けさせたのです。私たちもこの嵐の時代にパウロのように輝きたいものです。

◇クイズ
舟にいたすべての人が無事に上陸することになりますが、それは何人でしたか? 1.72人 2.153人 3.276人

日々の御言葉 12月29日

日々のみ言葉 12月29日
○今日のタイトル 光を語り告げる
○通読箇所 使徒26章

◇今日の聖句
私は、メシアが苦しみを受け、また、死者の中から最初に復活して、民にも異邦人にも光を語り告げることになると述べたのです。
https://www.bible.com/bible/1819/ACT.26.新共同訳

◇ひとくち解説
かつてアナニアは、主からパウロについてこのように聞きました。「行け。あの者は、異邦人や王たち、またイスラエルの子らにわたしの名を伝えるために、わたしが選んだ器である。」(使徒9:15)
その言葉通り今、パウロは、王たち…総督フェストゥスとアグリッパ王の前で、復活のキリストを大胆に証します。豪華な衣装をまとった上流階級の人々を前にしても彼は臆しません。なぜなら、そのようなきらびやかさが色あせるような、太陽より明るく輝くキリストの御顔を見(13節)、彼自身が内に命の光をもっていたからです。パウロは光の側に立ち、「闇から光に…立ち帰らせ…恵みの分け前にあずかるように」(18節)彼らを招きました。
「メシアが…民にも異邦人にも光を語り告げる」(23節)という表現は印象的です。パウロを光へと招かれたイエスは今日も私たちを招かれます。「わたしは世の光である。わたしに従う者は暗闇の中を歩かず、命の光を持つ。」(8:12)と。

◇クイズ
ここに登場するアグリッパ王は、ヘロデ大王の何にあたりますか? 1.子 2.孫 3.ひ孫

日々の御言葉 12月28日

日々のみ言葉 12月28日
○今日のタイトル 皇帝のもとに
○通読箇所 使徒25章

◇今日の聖句
このイエスが生きていると、パウロは主張しているのです。
https://www.bible.com/bible/1819/ACT.25.新共同訳

◇ひとくち解説
エルサレムで捕縛されたパウロは総督フェリクスの監視のもと2年もの間監禁されました。総督がフェストゥスに変わっても反対者たちは執拗にパウロ抹殺を企てます。パウロはやむなくローマ皇帝に上訴します。
かつて主は、パウロのそばに立って言われました。「勇気を出せ。エルサレムでわたしのことを力強く証ししたように、ローマでも証しをしなければならない。」(使徒23:11)パウロもまた「ローマにいるあなたがたにも、ぜひ福音を告げ知らせたい」(ローマ1:15)と切望していました。
帝国の都ローマにおいて「生きておられるキリスト」を証するという使命は、「皇帝への上訴」という思いもよらぬ形で実現します。ローマ兵に護衛され、ローマの国費でローマに向かうことになると、誰が想像し得たでしょうか。
神はご自分の計画を思いもよらない方法で実現されるお方です。主は言われます。「天が地を高く超えているように、わたしの道は、あなたたちの道を、わたしの思いは、あなたたちの思いを、高く超えている。」(イザヤ55:9)

◇クイズ
パウロは2年間どこで監禁されていましたか? 1.カイサリア 2.エルサレム 3.ローマ

日々の御言葉 12月25日

日々のみ言葉 12月25日
○今日のタイトル エジプトに逃げ
○通読箇所 マタイ2:13-23

◇今日の聖句
「起きて、子供とその母親を連れて、エジプトに逃げ、わたしが告げるまで、そこにとどまっていなさい。ヘロデが、この子を探し出して殺そうとしている。」 https://www.bible.com/bible/1819/MAT.2.新共同訳

◇ひとくち解説
暴君ヘロデ王は、幼子イエスの命を奪うため、恐ろしい計画を立てました。ベツレヘムに住む2歳以下の子どもを皆殺しにするというものでした。ヨセフはマリアとイエスを伴い、エジプトへと逃れます。「言は、自分の民のところへ来たが、民は受け入れなかった」(1:11)のです。
主がこの苦難を受けられたのは、わたしたちが、拒絶され、疎まれ、孤独を味わい、財産も仕事も失って、行く先の見えない暗い旅路を行くときに、共にいてくださるためです。
それはまた、イスラエル民族の苦難を共に負うためでもありました。<兄弟に売られたヨセフの旅><出エジプトの旅>はかつて民が背負った苦難でした。その苦難の道を共に歩み、民を「神の国」へと導く<新しいヨシュア>として、イエスは旅の先頭に立ってくださるのです。「天の国は近づいた」と。(4:17)

◇クイズ
ヘロデの後を継いでユダヤを支配したのは? 1.アルケラオ 2.アンティパス 3.アグリッパ

日々の御言葉 12月24日

日々のみ言葉 12月24日
○今日のタイトル 拝みに来た
○通読箇所 ルカ2:8-21

◇今日の聖句
「ユダヤ人の王としてお生まれになった方は、どこにおられますか。わたしたちは東方でその方の星を見たので、拝みに来たのです。」 https://www.bible.com/bible/1819/MAT.2.新共同訳

◇ひとくち解説
東方の博士たち来訪の記事は、マタイ福音書の結論をすでに内包しているように見えます。ここで告げられるメッセージは、世に来られた「ユダヤ人の王」こそ、万民がひれ伏して<拝むπροσκυνέω>べき神の子であるというというものでした。
やがて十字架の上に「ユダヤ人の王」という称号が掲げられるとき(27:37)、ふたたび異邦人である百人隊長が「本当に、この人は神の子だった」(27:54)と信仰を吐露します。さらに弟子たちが、復活され、天と地の一切の権能を授かっているキリストの前に<ひれ伏しπροσκυνέω>て(28:17)、この福音書は完結するのです。
東方の博士を星をもって招かれた神は、わたしたちを神の子への礼拝へと招いておられます。それに応じて救い主のもとへと向かうとき、私たちの心にも、この上ない喜びがあふれるでしょう。(2:10)

◇クイズ
今日はお休み

日々の御言葉 12月23日

日々のみ言葉 12月23日
○今日のタイトル ベツレヘムへ行こう
○通読箇所 ルカ2:8-21

◇今日の聖句
羊飼いたちは、見聞きしたことがすべて天使の話したとおりだったので、神をあがめ、賛美しながら帰って行った。
https://www.bible.com/bible/1819/LUK.2.新共同訳

◇ひとくち解説
すべて天使の話したとおりだった」…主の天使が告げたメッセージのうち、「布にくるまって飼い葉桶の中に寝ている」ことは、見ればわかることです。しかし、もう一つのメッセージ、すなわち「この方こそ主メシアである」ことも、「天使の話したとおりだった」と受け入れるためには<信じる>必要がありました。 羊飼いは、天使が話した通り、この乳飲み子が、全能の神、主であり、万民の救い主であると信じたのです。ここに、羊飼いの信仰の素朴さがあります。
「天使ἄγγελος」という言葉は「伝達者」という意味です。羊飼いはイエスとの出会いにおいて、いわば<地上における天使>と変えられました。彼らもまた、このよい知らせを人々に告げ、神を賛美する者になったのですから。
わたしたちもベツレヘムへ行き、みどりごキリストを礼拝しましょう。「この方こそ主メシアである」と。

◇クイズ
生まれた子に「イエス」という名前が付けられたのはいつ?1.受胎告知の日 2.生まれた日 3.生まれて八日後

日々の御言葉 12月22日

日々のみ言葉 12月22日
○今日のタイトル 布にくるんで
○通読箇所 ルカ2:1-7

◇今日の聖句
ところが、彼らがベツレヘムにいるうちに、マリアは月が満ちて、初めての子を産み、布にくるんで飼い葉桶に寝かせた。宿屋には彼らの泊まる場所がなかったからである。 https://www.bible.com/bible/1819/LUK.2.新共同訳

◇ひとくち解説
布にくるんで飼い葉桶に寝かせた」…この驚くべき貧しさは、人の目には理不尽な偶然の結果に見えます。<住民登録>が行われ、泊まる場所がなかったため、仕方のない選択であったと。けれども、神の側から言えば、それは必然のご計画でした。「布にくるまって飼い葉桶の中に寝ている乳飲み子」こそが「この方こそ主メシアである」ことの目に見えるしるしとして「選ばれた」のです。貧しさと孤独に震える私たちと共にいたいと願われる神の愛は、この「しるし」でしか表しようがなかったのです。
このお方は、福音書の終わりにもう一度布にくるまれます。十字架からおろされた遺体は、亜麻布で包まれ墓に納められました。(23:53)この布にくるまれたお姿は、再び、神が独り子をお与えになるほど、私たちを愛されたことのしるしとなりました。さらに、三日後、墓に残された布は、「この方こそ主メシアである」しるしとなったのです。
「布にくるんで」…この一語の内にも、神の愛があふれています。神は愛なり

◇クイズ
イエスが生まれたときのシリア州の総督は?1.アウグストゥス 2.キリニウス 3.ピラト

日々の御言葉 12月21日

日々のみ言葉 12月21日
○今日のタイトル マリアの賛歌
○通読箇所 ルカ1:39-56

◇今日の聖句
「わたしの魂は主をあがめ、わたしの霊は救い主である神を喜びたたえます。身分の低い、この主のはしためにも、目を留めてくださったからです。」 https://www.bible.com/bible/1819/LUK.1.新共同訳

◇ひとくち解説
天使から受胎告知を受けたマリアはなぜ「急いで」親類エリサベトを訪問したのでしょうか?天使から、エリサベトが奇跡的に身ごもったことを聞き、その目で確かめたかったからかもしれません。婚約者の知らない子を身ごもったことに対するナザレの人々の非難の目から逃れたかったからかも知れません。わたしは「主がおっしゃったことは必ず実現する」という<喜びの分かち合い>のためであるように思います。
マリアは文字通り救い主をエリサベツのもとに「持ち運び」ました。そのとき聖霊によってマリアとエリサベツの魂は共鳴しました。その響き合いの中から、「マリアの賛歌」が生まれました。「わたしの霊は…神を喜び」(47節)…彼女たちは他ならない神ご自身を魂の喜びとしました。わたしたちも「内におられるキリスト」(コロサイ1:27)を持ち運び、喜びを分かち合っていくことができますように。
バッハは、この「エリサベツ訪問日」の祝日のためにカンタータを作曲しました。その終曲「主よ人の望みよ喜びよ」はあまりにも有名です。

◇クイズ
マリアはエリサベツのもとでどれぐらい滞在しましたか?1.三日間 2.3週間 3.三か月間

日々の御言葉 12月19日

日々のみ言葉 12月19日
○今日のタイトル 言は神であった
○通読箇所 ヨハネ1:1−18

◇今日の聖句
初めに言があった。言は神と共にあった。言は神であった。この言は、初めに神と共にあった。万物は言によって成った。成ったもので、言によらずに成ったものは何一つなかった。言の内に命があった。命は人間を照らす光であった。 https://www.bible.com/bible/1819/JHN.1.新共同訳

◇ひとくち解説
初めに言があった」この一句は私の心を壮大なタイム・トラベルへと引きずり込みます。人類史を駆け抜け、46億年の地球史を飛び越え、138億年前といわれる宇宙の始まりよりさらに前、<永遠の初め>へと吸い込まれ、一瞬めまいさえ覚えます。ヨハネはその混沌と深淵の中に「言」と呼ばれるキリストを見せます。神のおられるところにキリストはおられ、キリストのおられるところに神もおられます。両者は独立したペルソナをもちながら永遠に一体です。それゆえ「言は神」なのです。
そこからヨハネはまた読者を一気に、<現在>へと引き戻してゆきます。キリストによる全宇宙の創造を見せ、いのちの光として人類史のただ中に来られたイエスを示すのです。
たった18節からなるこの<ロゴス賛歌>を読むたびに、震えるような感動を覚え、ヨハネと共に私も言います。「わたしたちはその栄光を見た」(1:14)と。

◇クイズ
1−18節で「恵み」という言葉は何回使われていますか?1.2回 2.3回 3.4回