日々の御言葉 11月13日

日々のみ言葉 11月13日
○今日のタイトル 一つの泉
○通読箇所 ゼカリヤ13章

◇今日の聖句
その日、ダビデの家とエルサレムの住民のために、罪と汚れを洗い清める一つの泉が開かれる。…彼がわが名を呼べば、わたしは彼に答え、「彼こそわたしの民」と言い、彼は、「主こそわたしの神」と答えるであろう。 https://www.bible.com/bible/1819/ZEC.13.新共同訳

◇ひとくち解説
「その日」、エルサレムに罪と汚れを洗い清める一つの泉が開かれます。それは命の水が湧き出でる泉(14:8)で、イザヤやエゼキエルの預言と一致します。「その日には、…あなたたちは喜びのうちに、救いの泉から水を汲む。その日には、あなたたちは言うであろう。『主に感謝し、御名を呼べ。』」(イザヤ12章)「この川が流れる所では、すべてのものが生き返る。…水が聖所から流れ出るからである。」(エゼキエル47章)
この泉によって、「もろもろの偶像の名」や「主の御名において偽りを告げた」者が取り除かれます。金を精錬するような燃えさかる試練の中で、人々は清められ主の御名を呼ぶのです。 「彼らはわたしの名を呼び、わたしは彼らに答える。わたしは『これはわたしの民』と言い、彼らは『主はわたしの神』と言う」(9節新改訳2017)
こうして14章のクライマックス「その日には、主は唯一の主となられ、その御名は唯一の御名となる」(14:9)…へと向かっていくのです。

◇クイズ
14:4では、主の御足は、どこに立つと記されていますか?1.神殿 2.オリーブ山 3.荒れ野