日々の御言葉 10月16日

日々のみ言葉 10月16日
○今日のタイトル 七つの鉢
○通読箇所 黙示録16章

◇今日の聖句
第七の天使が、その鉢の中身を空中に注ぐと、神殿の玉座から大声が聞こえ、「事は成就した」と言った。
https://www.bible.com/bible/1819/REV.16.新共同訳

◇ひとくち解説
黙示録の続きを読みます。第7のラッパ(11章)に秘められた計画は、七つの鉢によって地上に注がれます。その災いにもはや制限はなく、全地に決定的な打撃をもたらします。しかし、かつてファラオがエジプトに下された災いにもかかわらず、心をかたくなにしたように、これほどの大災禍を前にしても人類は、神を冒涜し続けます。 かつて救いのため紅海の中に道が準備されたのとは全く逆に、ハルマゲドンでの最終戦争のために、大ユーフラテス川の中に道が備えられます。
「事は成就した」(17節)との主の声は、ここでは裁きの完了です。主の悪に対する怒りは頂点を迎えようとしています。次に「事は成就した」と言われるのは、新しい天と新しい地が完成される21章です(21:6)。こちらは救いの頂点です。
今という瞬間が、この両極への分かれ道なのだということをいつも意識し、目覚めていたいものです。
主は今日も招かれます。「事は成就した。わたしはアルファであり、オメガである。初めであり、終わりである。渇いている者には、命の水の泉から価なしに飲ませよう」と。(21:6)

◇クイズ
21節「一タラントンの重さほどの大粒の雹」とは、おおよそどれぐらいの重さですか?
1.25g 2.2.5kg 3.25kg