日々の御言葉 10月9日

日々のみ言葉 10月9日
○今日のタイトル いつまで、あなたは
○通読箇所 ハバクク1章

◇今日の聖句
預言者ハバククが、幻で示された託宣。主よ、わたしが助けを求めて叫んでいるのに、いつまで、あなたは聞いてくださらないのか。…主よ、あなたは永遠の昔から、わが神、わが聖なる方ではありませんか。 https://www.bible.com/bible/1819/HAB.1.新共同訳

◇ひとくち解説
ハバククはバビロンによるユダ王国滅亡の前の預言者と考えられています。この書の1-2章は、ハバククと主の問答です。人間の神に対する訴えも含めて<託宣>とされていることは興味深いことです。
預言者は最悪の現状を前にして「いつまで」「どうして」と心の叫びをあげます。主は、国内の不法に対してはバビロンによる侵攻という裁きを(1章)、バビロンに対しては5つの災いを(2章)下されると答えられます。
この葛藤と痛みに満ちた問答を通ってついに3章の<賛美の歌>へといたります。ハバククとは「抱く」という意味ですが(諸説あり)、自分の苦悩を主の前に包み隠さず訴え、手放したとき、本当の意味で主の御言葉を自分のものとして抱くことができました。私たちも主に思いを打ち明けましょう。
主よ、わたしの祈りをお聞きください。嘆き祈るわたしの声に耳を向けてください。苦難の襲うときわたしが呼び求めれば、あなたは必ず答えてくださるでしょう。」(詩編86:6-7)

◇クイズ
11節では突然襲来するカルデア人を何にたとえていますか?
1.風 2.稲妻 3.雲