日々の御言葉 10月5日

日々のみ言葉 10月5日
○今日のタイトル 主こそわが光
○通読箇所 ミカ7章

◇今日の聖句
たとえ倒れても、わたしは起き上がる。たとえ闇の中に座っていても、主こそわが光。…主はわたしを光に導かれ、わたしは主の恵みの御業を見る。 https://www.bible.com/bible/1819/MIC.7.新共同訳

◇ひとくち解説
罪と死から、救いの希望へと向かいつつ、この書は結ばれます。
イエスが、実のないいちじくを呪い枯らされ、罪の赦しのために祈るよう勧められたできごと(マルコ11:20-25)は、この7章が背景にあるように思われます。
「わたしの好む初なりのいちじくもない。」(1節)…民は実を結ばないゆえに根元から枯らされるのです。しかしイエスは言われます。「神を信じなさい(直訳:神の信仰をもて)」(マルコ11:22)と。たとえ闇の中に座っていても「主こそわが光」(8節)と信じ待ち望みましょう。「だれでもこの山に向かい、『立ち上がって、海に飛び込め』と言い、少しも疑わず、自分の言うとおりになると信じるならば、そのとおりになる」(マルコ11:23)とイエスは言われます。「主は再び我らを憐れみ、すべての罪を(たとえそれが山のようであっても)海の深みに投げ込まれる」(19節)のです。
主の「まこと」は山より高く、「慈しみ」は海より深いからです。
今日もこう祈りましょう。「わたしは主を仰ぎ、わが救いの神を待つ」(7節)と。

◇クイズ
「あなたのような神がほかにあろうか」(18節)はかつて、どこで歌われましたか?(出15:11)1.山麓2.海辺 3.平原