日々の御言葉 9月12日

日々のみ言葉 9月12日
○今日のタイトル 主は答えてくださった
○通読箇所 ヨナ2章

◇今日の聖句
ヨナは魚の腹の中から自分の神、主に祈りをささげて、言った。苦難の中で、わたしが叫ぶと、主は答えてくださった。陰府の底から、助けを求めると、わたしの声を聞いてくださった。…息絶えようとするとき、わたしは主の御名を唱えた。わたしの祈りがあなたに届き、聖なる神殿に達した。https://www.bible.com/bible/1819/JON.2.新共同訳

◇ひとくち解説
主が送られた大魚の腹の中で、ヨナは祈ります。この祈りは、様々な詩編の引用からなっています。ですから詩編の口調で「〜した」と過去形になっていますが、ヨナはそれらを現在の自分のこととして「現在形の心で」祈っているのです。
大切なことは、そこが、どんな深い海の底であっても、望みのない深淵であっても、暗い「滅びの穴」であろうとも、主は呼べば答え、聞いてくださるお方だということです。1章で「神の御顔を避けた」ヨナでしたが、もう一度、神の御顔を求めたのです。
異邦人宣教の前に、ヨナには「自分も赦されるべき者なのだ」という自覚と、救いそのものである主との一致がどうしても必要でした。魚の中での三日間は、古い自分に死に、新しい命に生きるために、なくてならない体験となったのです。

◇クイズ
マタイ福音書12章では、イエスがご自分をヨナと比較しておられます。同じ文脈で、もう一人、比較されているのは誰?
1.ソロモン 2.エリヤ 3.モーセ