日々の御言葉 9月11日

日々のみ言葉 9月11日
○今日のタイトル 主の御顔を避けて
○通読箇所 ヨナ1章

◇今日の聖句
彼らがヨナの手足を捕らえて海へほうり込むと、荒れ狂っていた海は静まった。人々は大いに主を畏れ、いけにえをささげ、誓いを立てた。 https://www.bible.com/bible/1819/JON.1.新共同訳

◇ひとくち解説
ヨナは「大いなる都ニネベ」で神の言葉を伝えるために召命を受けます。しかし「主の御顔を避けて」(3節新改訳2017)、まったく方向が逆のタルシシュ行きの船に乗りました。彼は異邦人の上に神の救いが及ぶのを認めたくなかった(4:2)のです。しかし、主の御心は変わりませんでした。
暴風雨の中で、ヨナは真の神を知らない異邦人の船員たちを前に、自分の過ちを告白し、「海と陸とを創造された天の神、主」(9節)を証しします。そして彼らの救いのために命を投げ出しました。このヨナの姿を通して船員は主を信じ畏れるようになりました。ヨナの失敗を通してさえも、神は御心を行われたのです。
ヨナという名は鳩という意味です。かつてノアの箱舟で、オリーブを持ち帰った鳩(創世記8:11)は、神と人類との和解の希望を、船上にもたらしました。わたしたちもまた、ヨナのように、創造主を証し、人々に希望をもたらす人となることができますように。

◇クイズ
ヨナがタルシシュにむけて出港した町は、ペトロが皮なめしシモンの家で幻を見たのと同じ町です。その町は?
1.ハイファ 2.ヤッファ 3.エイラット