砂の上の足跡

日々の御言葉 7月24日

日々のみ言葉 7月24日
○今日のタイトル 行き先も知らずに
○通読箇所 ヘブライ11章

◇今日の聖句
信仰とは、望んでいる事柄を確信し、見えない事実を確認することです。… 信仰がなければ、神に喜ばれることはできません。神に近づく者は、神が存在しておられること、また、神は御自分を求める者たちに報いてくださる方であることを、信じていなければならないからです。 https://www.bible.com/bible/1819/HEB.11.新共同訳

◇ひとくち解説
前の章でイエスが開かれた「新しい生きた道」を示した著者は、残りの章でその道をどのように歩むべきかを記していきます。
まず11章では、旧約の信仰者たちの歩みを例にあげます。古い契約の時代に生きた彼らは、約束されたものをこの地上で手に入れたわけではなかったにも関わらず、「天の故郷」を熱望し、「はるかにそれを見て喜びの声をあげ」、主に従いました。その道は、同時代の人々からは理解されない、苦難の道でした。しかし、「約束をなさった方は真実な方であると、信じ」(11節)「行き先も知らずに出発し」(8節)、「目に見えない方を見ているようにして、耐え忍」んだ(27節)のです。
行く先の見えない今、これらの信仰の巨人たちの歩みは、わたしたちに何と大きな励ましを与えることでしょうか!

◇クイズ
11章で、旧約の信仰者たちの中で、最初に名前が挙げられているのは誰?
1.ノア 2.アベル 3.アダム

投稿者:

聖イエス会福音教会

福音教会牧師室より

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください