日々の御言葉 7月22日

日々のみ言葉 7月22日
○今日のタイトル 永遠の贖い
○通読箇所 ヘブライ9章

◇今日の聖句
キリストは…御自身の血によって、ただ一度聖所に入って永遠の贖いを成し遂げられたのです。
https://www.bible.com/bible/1819/HEB.9.新共同訳

◇ひとくち解説
契約の締結には「血」が必要でした。「罪が支払う報酬は死です。」(ローマ6:23)「いのち」という代償なしには、罪は赦されないのです。ですから、キリストがおいでになる前には、毎年おびただしいいけにえの血が流されました。
イエスは最後の晩餐の席上で、杯を取り「この杯は、わたしの血によって立てられる新しい契約である」(1コリント11:25)と宣言され、実際に十字架上に血を流し「永遠の贖いを成し遂げられたのです。」(12節)「わたしたちはこの御子において、その血によって贖われ、罪を赦されました。」(エフェソ1:7)
「恵みの大祭司」(11節)であるキリストがこれほどの代価を支払われたのは、「しみやしわやそのたぐいのものは何一つない、聖なる、汚れのない、栄光に輝く教会を御自分の前に立たせるためでした。」(エフェソ5:27)この目的が、わたしたちの内にあますことなく実現しますように。

◇クイズ
4節に「芽を出したアロンの杖」とありますが、民数記17章では、その芽から何の実がなったと記されていますか?1.アーモンド 2.オリーブ 3.ざくろ

投稿者:

聖イエス会福音教会

福音教会牧師室より

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください