日々の御言葉 7月21日

日々のみ言葉 7月21日
○今日のタイトル 新しい契約
○通読箇所 ヘブライ8章

◇今日の聖句
『それらの日の後、わたしが、イスラエルの家と結ぶ契約はこれである』と、主は言われる。『すなわち、わたしの律法を彼らの思いに置き、彼らの心にそれを書きつけよう。わたしは彼らの神となり、彼らはわたしの民となる。』 https://www.bible.com/bible/1819/HEB.8.新共同訳

◇ひとくち解説
5~7章で、キリストが永遠の大祭司であることが示されました。8章からはそのキリストが大祭司として何をなされたのかが記されていきます。
キリストは、「更にまさった契約の仲介者」になられました。契約とは、神様と人間の間で交わされる祝福の約束です。契約は<双方向>の合意であり、決して一方的な命令ではありません。残念なことに人類は、アダムとエバ以来、自由意志を乱用して、神との契約をことごとく反故にし続けてきました。人類を愛される神は、そのたびに契約を更新し、人間との交わりを求められたのです。
そしてついに、決定的な新しい契約を立てられます。「新しい契約」は、人間を外側から変える<律法・文字>に依存しません。<主自らが人の心に宿る>ことが原動力になります。その契約樹立のために、「神は、独り子を世にお遣わしになりました。その方によって、わたしたちが生きるようになるためです。」(1ヨハネ4:9)

◇クイズ
聖書で最初に神が<契約>という言葉を用いられたのは、誰に対してでしたか?(創世記6章)1.アブラハム 2.ノア 3.エノク

投稿者:

聖イエス会福音教会

福音教会牧師室より

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください