日々の御言葉 6月30日

日々のみ言葉 6月30日
○今日のタイトル 救いの創始者
○通読箇所 ヘブライ2章

◇今日の聖句
イエスは、神の御前において憐れみ深い、忠実な大祭司となって、民の罪を償うために、すべての点で兄弟たちと同じようにならねばならなかったのです。 事実、御自身、試練を受けて苦しまれたからこそ、試練を受けている人たちを助けることがおできになるのです。 https://www.bible.com/bible/1819/HEB.2.新共同訳

◇ひとくち解説
1章で御子の<神性>の高みを示した著者は、2章で、御子がどのようにわたしたちの「救いの創始者」(10節)となられたのか…<メシア性>を記します。
至高の天におられたキリストは、天使たちを遣わすのではなく、自ら「天使たちよりも、…低い者とされ」(7節)人間の姿をおとりになりました。「試練を受けて苦しまれ」(18節)わたしたちの罪を償うために「すべての人のために(十字架で)死んでくださったのです。」(9節)そして「死の苦しみのゆえに、『栄光と栄誉の冠を授け』」(9節)られました。 この<降下と上昇>によって、死と罪の奴隷の状態であった者たちを解放し(15節)、栄光へと導き、完全な者とされた(10節)のです。
この恵みの福音を忘れ、周囲や自分の現状に心を奪われるなら、「押し流されてしまいます。」(1節)かえって、試練の中にあればこそ、救いの創始者であるキリストから目を離さないでいたいものです。

◇クイズ
10節の「創始者」という語は、使徒3:15では、何と訳されていますか?(新共同訳)1.導き手 2.証人 3.完成者

投稿者:

聖イエス会福音教会

福音教会牧師室より

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください