日々の御言葉 5月21日

日々のみ言葉 5月21日
○今日のタイトル 人里離れた所
○通読箇所 ルカ4章

◇今日の聖句
日が暮れると、いろいろな病気で苦しむ者を抱えている人が皆、病人たちをイエスのもとに連れて来た。イエスはその一人一人に手を置いていやされた。…朝になると、イエスは人里離れた所へ出て行かれた。 https://www.bible.com/bible/1819/LUK.4.新共同訳

◇ひとくち解説
ルカは前の章でアダムまでさかのぼる系図を記しました。アダムがサタンの誘惑に負けた「最初の過ち」を償うかのように、イエスは荒野で悪魔の誘惑をお受けになり、御言葉によって勝利を取られました。こうして「荒野」から人類の救いへの一歩を踏み出されました。
荒野の孤独の中で御父の御心を求めて祈ることこそ、御子キリストの力の源泉でした。42節には「朝になると、イエスは人里離れた所へ出て行かれた」とあります。「人里離れた所」と訳されていますが、ギリシャ語では「荒野」と同じ言葉が使われています。イエスは公生涯の始めの40日だけでなく、生涯に渡って、五感を閉じ、御父との交わるために、一人で祈る時間を大切にされたのでした。
私たちも、祈りから力を汲み出したいものです。「あなたが祈るときは、奥まった自分の部屋に入って戸を閉め、隠れたところにおられるあなたの父に祈りなさい。」(マタイ6:6)

◇クイズ
イエスがシモンのしゅうとめの熱病を癒やされたのは、なんという町でしたか?1.ナザレ 2.カファルナウム 3.エルサレム

投稿者:

聖イエス会福音教会

福音教会牧師室より

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください