日々の御言葉 5月2日

日々のみ言葉 5月2日
○今日のタイトル 永遠の契約
○通読箇所 エゼキエル15-16章

◇今日の聖句
主なる神はこう言われる。お前が行ったように、わたしもお前に対して行う。お前は誓いを軽んじ、契約を破った。だが、わたしは、お前の若い日にお前と結んだわたしの契約を思い起こし、お前に対して永遠の契約を立てる。…わたしがお前と契約を立てるとき、お前はわたしが主であることを知るようになる。https://www.bible.com/bible/1819/EZK.15.新共同訳

◇ひとくち解説
16章では、エルサレムが擬人化され、神の妻として描かれています。主がお選びになり、命を与え、美しく装わせたエルサレムでしたが、忘恩と裏切りにより、婚姻の契りを破ってしまいました。
けれどもやがて、主は一方的な憐れみによって、もう一度エルサレムとの契約を回復されます。それは「永遠の契約」(60節)と呼ばれています。この「永遠の契約」はノアに始まり(創9:16)、アブラハム(創17:7)、ダビデ(2サムエル23:5)と結ばれ、イスラエルの民と交わされ(出31:16)たものです。
神の愛が「とこしえの愛」(エレミヤ31:3)である以上、神の側では契約は永遠なのです。それを永遠とするかどうかは、わたしたちの側にかかっているのです。
わたしたちの心を求められる主の悲痛な叫びが今日も響きます。「どうしてお前たちは死んでよいだろうか。わたしはだれの死をも喜ばない。お前たちは立ち帰って、生きよ」(18:31-32)

◇クイズ
15章では、エルサレムは何に例えられていますか?1.レバノン杉 2.ぶどうの木 3.いちじくの木