日々の御言葉 5月1日

日々のみ言葉 5月1日
○今日のタイトル ノア、ダニエル、ヨブ
○通読箇所 エゼキエル13-14章

◇今日の聖句
たとえ、その中に、かの三人の人物、ノア、ダニエル、ヨブがいたとしても、彼らはその正しさによって自分自身の命を救いうるだけだ、と主なる神は言われる。…――わたしは生きている、と主なる神は言われる――彼らは自分の息子、娘たちすら救うことができない。 https://www.bible.com/bible/1819/EZK.13.新共同訳

◇ひとくち解説
エゼキエル書の続きを読みます。13-14章では、本来、神の言葉を伝え、民のために祈るはずの預言者たちが、その働きをしていないさまが記されています。そのうえで、「ノア、ダニエル、ヨブがいたとしても」…と、苦難の時を生きた義人の名が三人挙げられます。主の警告は、文字通りに取れば、この三人のような義人が現れても、その義人以外には誰も救われないということです。
しかし、主はなぜあえて4回も繰り返してそのことを告げられるのでしょう。それは逆説的に、この苦難の時に「ノア、ダニエル、ヨブ」のような義人の出現を、主が切望しておられるからではないかと思えるのです。
イエスは言われました。「神がその期間を縮めてくださらなければ、だれ一人救われない。しかし、神は選ばれた人たちのために、その期間を縮めてくださるであろう。」(マタイ24:22)時代や環境がいかに変わっても、無垢な祈りを貫く人でありたいものです。

◇クイズ
主が民に送られるという四つの厳しい裁きとは、剣、飢饉、疫病と何?1.悪い獣 2.地震 3.大雨