日々の御言葉 3月9日

日々のみ言葉 3月9日
○今日のタイトル 隠された大いなること
○通読箇所 エレミヤ33章

◇今日の聖句
主の言葉が再びエレミヤに臨んだ。このとき彼は、まだ獄舎に拘留されていた。主はこう言われる。創造者、主、すべてを形づくり、確かにされる方。その御名は主。「わたしを呼べ。わたしはあなたに答え、あなたの知らない隠された大いなることを告げ知らせる。…見よ、わたしはこの都に、いやしと治癒と回復とをもたらし、彼らをいやしてまことの平和を豊かに示す。https://www.bible.com/bible/1819/JER.33.新共同訳

◇ひとくち解説
主の言葉が臨んだ時、エレミヤは獄舎に拘留されていました。また、エルサレムは「人も住まず、獣もいない荒れ果てた」地となっていました。一筋の希望も見いだせない中で、主が見せられたのは、希望のビジョンでした。エルサレムのいやしと治癒、回復と平和、繁栄の約束です。
エレミヤは、自分の時代にそれが実現しないことを知っていました。しかし、たとえ自分がみじめに死ななければならないとしても、主の隠されたご計画を知り、それを伝え、後の人々に希望を託すことに生涯をかけたのです。そのために苦しむことは、彼にとって喜びでした。
わたしたちも、この時代、この地で、自分に与えられた果たすべき使命を成し遂げることができますように。

◇クイズ
34章で、ゼデキヤ王はどこで死ぬと預言されていますか? 1.バビロン 2.エルサレム 3.ラキシュ