日々の御言葉 3月5日

日々のみ言葉 3月5日
○今日のタイトル バビロンの王の軛
○通読箇所 エレミヤ27-28章

◇今日の聖句
「主はわたしにこう言われる。軛の横木と綱を作って、あなたの首にはめよ。…首を差し出してバビロンの王の軛を負い、彼に仕えるならば、わたしはその国民を国土に残す、と主は言われる。そして耕作をさせ、そこに住まわせる。…首を差し出して、バビロンの王の軛を負い、彼とその民に仕えよ。そうすれば命を保つことができる。どうして、あなたもあなたの民も、剣、飢饉、疫病などで死んでよいであろうか。」 https://www.bible.com/bible/1819/JER.27.新共同訳

◇ひとくち解説
バビロンに勝利できるという希望的観測は、神の御心ではありませんでした。エレミヤは自らの首に木の軛をかけてゼデキヤ王の前に立ちました。このように、バビロン王に首を差し出し、軛を負うようにと訴えるためです。軛は家畜にかけるものであり、エレミヤにとっても、それは屈辱的な姿だったでしょう。しかし主の御名と民の命運のゆえに、エレミヤはそれを厭いませんでした。
わたしたちが負うべき「軛」は何でしょう。それは、バビロンの軛でもなく、律法の軛(使徒15:10)でもありません。イエスは「わたしの軛を負い、わたしに学びなさい。」(マタイ11:29)と言われます。柔和・謙遜であられるキリストと共に歩むための軛です。世の目からは、窮屈で、屈辱的に見えるかも知れませんが、その「愛の軛」は、わたしたちを命と安らぎへと導くものなのです。

◇クイズ
28章で、希望的観測の、偽りの預言を語った、預言者は誰? 1.ハナンヤ 2.ゼデキヤ 3.エコンヤ