日々の御言葉 3月2日

日々のみ言葉 3月2日
○今日のタイトル 命の道
○通読箇所 エレミヤ21章

◇今日の聖句
あなたはこの民に向かって言うがよい。主はこう言われる。見よ、わたしはお前たちの前に命の道と死の道を置く。この都にとどまる者は、戦いと飢饉と疫病によって死ぬ。この都を出て包囲しているカルデア人に、降伏する者は生き残り、命だけは助かる。https://www.bible.com/bible/1819/JER.21.新共同訳

◇ひとくち解説
バビロンの脅威を前に、主の加護を期待するゼデキヤ王に対して、エレミヤはきっぱりと二つの道を示します。「死の道」…主の言葉に反して抵抗し全滅する道です。「命の道」…主の言葉に従い投降し、異国の地で生きる道です。約束の地を一旦離れ、遠いバビロンへ連れて行かれることは恐怖であり屈辱でした。しかし、その道の向こうに主は希望の光を残されたのでした。主は、かつてモーセを通して言われました。「 見よ、わたしは今日、命と幸い、死と災いをあなたの前に置く。」(申命記30:15)主はいつも私たちの前に二つの道を置かれます。主が示される道は、ときに険しく、屈辱的な道に見えるかもしれません。しかしその向こうに、主は必ず祝福を用意しておられるのです。だから、「あなたは命を選び、…あなたの神、主を愛し、御声を聞き、主につき従いなさい。」(同30:19-20)イエスは言われます。「わたしは道であり、真理であり、命である。」(ヨハネ14:6)命の道であるイエスを仰ぎ見つつ、今日行くべき道を歩むことができますように!

◇クイズ
民数記22章で、自分が進む道が死の道であることをロバによって教えられた人物は? 1.バラク 2.バラム 3.バラバ