日々の御言葉 2月19日

日々のみ言葉 2月20日
○今日のタイトル 生きているのは
○通読箇所 ガラテヤ2章

◇今日の聖句
わたしは神に対して生きるために、律法に対しては律法によって死んだのです。わたしは、キリストと共に十字架につけられています。生きているのは、もはやわたしではありません。キリストがわたしの内に生きておられるのです。わたしが今、肉において生きているのは、わたしを愛し、わたしのために身を献げられた神の子に対する信仰によるものです。わたしは、神の恵みを無にはしません。もし、人が律法のお陰で義とされるとすれば、それこそ、キリストの死は無意味になってしまいます。https://www.bible.com/bible/1819/GAL.2.新共同訳

◇ひとくち解説
「キリストと共に十字架につけられています」…それはパウロにとっては「律法に対して死んだ」ということでした。今まで律法による行いによって、「神に対して生きる」ことができると思い込んでいました。しかし、その律法は罪と死を宣告するだけでした。生きておられるキリストとの出会いは、今まで頼りにしてきた<生きる基準>を転換させるものでした。「わたしを愛し、わたしのために身を献げられた神の子」、キリストの命に生きることこそ、絶対にそれてはならない「福音の真理」です。それは恵みによってのみ与えられ、信仰によってのみ受け取るものなのです。わたしたちも「キリストがわたしの内に生きておられる」という福音の真髄にいつもとどまりましょう。

◇クイズ
パウロがケファ(ペトロ)を非難したのは、どの町においてでしたか?1.エルサレム 2.アンティオキア 3.カイサリア