日々の御言葉 2月19日

日々のみ言葉 2月20日
○今日のタイトル 恵みによって召し出し
○通読箇所 ガラテヤ1章

◇今日の聖句
わたしはこの福音を人から受けたのでも教えられたのでもなく、イエス・キリストの啓示によって知らされたのです。…わたしを母の胎内にあるときから選び分け、恵みによって召し出してくださった神が、御心のままに、御子をわたしに示して、その福音を異邦人に告げ知らせるようにされたとき、わたしは、すぐ血肉に相談するようなことはせず、…アラビアに退いて、そこから再びダマスコに戻ったのでした。 https://www.bible.com/bible/1819/GAL.1.新共同訳

◇ひとくち解説
ガラテヤ教会を脅かしていた「ほかの福音」とは何でしょうか?律法を行うことを<救いの条件>とする考え方です。そうではなく、ただ信仰と恵みによることを教えるために書かれたのがこの手紙です。手紙の冒頭で、パウロは自分の救いについて記します。「ユダヤ教に徹しようとして」(1:14)「迫害した者」(1:23)であった自分が、福音に生きる者となったのは、ただ一方的な神の選びと恵みによるのだと強調します。それは、伝統でも律法でも、自分の努力によるのでもなく、また、ほかの使徒たちの教えによるのでもなく、「恵みによって召し出してくださった神」が、心の内に御子を示してくださったことによるのです。パウロは宣教に携わるまで、3年間、「内におられるキリスト」を深めました。わたしたちもこの書を読みつつ、恵みの福音を深く知ることができますように。

◇クイズ
パウロがエルサレムで出会った「主の兄弟ヤコブ」は、「ヤコブの手紙」で自分のことを「主イエス・キリストの〇〇」と言っています。〇〇に入るのは?1.兄弟 2.使徒 3.僕