日々の御言葉 2月1日

日々のみ言葉 2月1日
○今日のタイトル 主の言葉
○通読箇所 イザヤ55-56章

◇今日の聖句
雨も雪も、ひとたび天から降れば、むなしく天に戻ることはない。それは大地を潤し、芽を出させ、生い茂らせ、種蒔く人には種を与え、食べる人には糧を与える。そのように、わたしの口から出るわたしの言葉も、むなしくは、わたしのもとに戻らない。それはわたしの望むことを成し遂げ、わたしが与えた使命を必ず果たす。https://www.bible.com/bible/1819/ISA.55.新共同訳

◇ひとくち解説
「渇きを覚えている者は皆、水のところに来るがよい。」(55:1)…水とは何でしょうか。「わたし」と言われる主なる神のことです。後半では、「生ける水の源である」神(エレミヤ2:13)から出る御言葉が「雨・雪」に例えられています。雨が大地に必ず実りをもたらすように、神から出た言葉で実現の力のないものは一つとしてありません。しかし、その実現を妨げるたった一つの障害物があります。それは、人間の自由意志です。だから、自分の道やたくらみを捨てて、主を尋ね求めましょう。「主によって語られたことは必ず実現すると信じきった人は、何と幸いなことでしょう。」(ルカ1:45新改訳) 今日、マリアのように信仰と希望と愛を込めて、主の御言葉に全てを委ねましょう。「わたしは主のはしためです。お言葉どおり、この身に成りますように。」(ルカ1:38)

◇クイズ
今日はお休み