コリントの町

日々の御言葉 1月25日

日々のみ言葉 1月25日
○今日のタイトル 主と同じ姿に
○通読箇所 2コリント3章

◇今日の聖句
主の方に向き直れば、覆いは取り去られます。ここでいう主とは、“霊”のことですが、主の霊のおられるところに自由があります。 わたしたちは皆、顔の覆いを除かれて、鏡のように主の栄光を映し出しながら、栄光から栄光へと、主と同じ姿に造りかえられていきます。これは主の霊の働きによることです。 https://www.bible.com/bible/1819/2CO.3.新共同訳

◇ひとくち解説
パウロが「使徒」であることに疑問を抱くコリント教会の人々に対し、パウロは「神から与えられた」(5節)務めがどれほど「栄光に満ちあふれて」(9節)いるかを記しました。
旧約のモーセの奉仕は、律法によって「人を罪に定める務め」(9節)でしたが、その務めさえ、栄光をまとっていました。
それに比べて、新約の使徒職は、「霊に仕える」務めです。人に永遠の命を与えるこの奉仕は、はるかに優れた栄光に包まれているのです。
土の塵から造られたに過ぎない人間に、聖霊の息吹を吹き込み、聖なる主と同じ姿へと変えてゆく………使徒職とはこの偉大な愛の奇跡に携わることなのです。

◇クイズ
出エジプト記34章で、モーセの顔が光を放つ前、モーセは山の頂で何日間、顔と顔を合わせて主と語りましたか?
1.3日 2.7日 3.40日

投稿者:

聖イエス会福音教会

福音教会牧師室より

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください