日々の御言葉 10月8日

日々のみ言葉 10月8日
○今日のタイトル その祈りも
○通読箇所 箴言27-28章

◇今日の聖句
悪を行う者らは裁きを理解しない。主を尋ね求める人々はすべてを理解する。… 教えに耳をそむけて聞こうとしない者は、その祈りも忌むべきものと見なされる。… いかに幸いなことか、常に恐れを抱いている人。心の頑な者は苦難に陥る。 https://www.bible.com/bible/1819/PRO.27.新共同訳

◇ひとくち解説
「教えに耳をそむけて聞こうとしない者は、その祈りも忌むべきものと見なされる。」(28:9)という一節が、印象的です。
わたしたちは祈るとき、神様に対して心の内を語ります。救いを求めて言葉を連ねます。けれども大切なことは、まず心を静め、主の御言葉に耳を傾けることなのです。主を尋ね求めて、謙虚に御言葉に聞くとき、一番必要なことが何なのかを理解することができます。言葉を換えれば、自分自身を手放すということです。こうして祈りが始まるのです。
イエスは繰り返して「聞く耳のある者は聞きなさい」(マルコ4:9他)と言われました。今日、心を開いて御言葉に耳を傾けましょう。「主よ、お話しください。僕は聞いております」(1サムエル3:9)

◇クイズ
サムエルが「聞き従うことはいけにえにまさり耳を傾けることは雄羊の脂肪にまさる。」(1サムエル15章)と言って叱責した王は誰? 1.サウル 2.ダビデ 3.ソロモン

広告