日々の御言葉 6月29日

日々のみ言葉 6月29日
○今日のタイトル わたしの主
○通読箇所 ヨハネ20章

◇今日の聖句
八日の後、弟子たちはまた家の中におり、トマスも一緒にいた。戸にはみな鍵がかけてあったのに、イエスが来て真ん中に立ち、「あなたがたに平和があるように」と言われた。それから、トマスに言われた。「あなたの指をここに当てて、わたしの手を見なさい。また、あなたの手を伸ばし、わたしのわき腹に入れなさい。信じない者ではなく、信じる者になりなさい。」トマスは答えて、「わたしの主、わたしの神よ」と言った。イエスはトマスに言われた。「わたしを見たから信じたのか。見ないのに信じる人は、幸いである。」https://www.bible.com/bible/1819/JHN.20.新共同訳

◇ひとくち解説
第一章で学んだようにヨハネ福音書の鍵語の一つは「信じる」という言葉です。冒頭から「その名を信じる人々には」(1:12)と記したヨハネは、7つのしるしとそれに伴う説教、また十字架と復活を描きながら、イエスをどう信じるべきかを浮き彫りにしてきました。その「イエスに対する信仰」は20章のトマスの告白においてついに頂点を迎えます。「わたしの主、わたしの神よ」…信じられなかったトマスが、イエスを主と信じたのは、理屈や自己暗示などによるのではなく、復活のキリストとの鮮烈な出会いによってでした。「見ないのに信じる人は、幸いである。」と語られるイエスの眼差しは、トマスの向こうにいる、この書の読者にも向けられています。「これらのことが書かれたのは、あなたがたが、イエスは神の子メシアであると信じるためであり、また、信じてイエスの名により命を受けるためである。」

◇クイズ
トマスはディディモと呼ばれていましたが、それはどういう意味?
1.雷の子 2.双子 3.熱心党