日々の御言葉 6月14日

日々のみ言葉 6月14日
○今日のタイトル 海の高波を踏み砕かれ
○通読箇所 ヨブ記9-10章

◇今日の聖句
ヨブは答えた。それは確かにわたしも知っている。神より正しいと主張できる人間があろうか。…御心は知恵に満ち、力に秀でておられる。神に対して頑になりながら、なお、無傷でいられようか。神は山をも移される。怒りによって山を覆されるのだと誰が知ろう。神は大地をその立つ所で揺り動かし、地の柱は揺らぐ。神が禁じられれば太陽は昇らず、星もまた、封じ込められる。神は自ら天を広げ、海の高波を踏み砕かれる。…わたしのようなものがどうして神に答え、神に対して言うべき言葉を選び出せよう。https://www.bible.com/bible/1819/JOB.9.新共同訳

◇ひとくち解説
ビルダドの言葉に対してヨブは「わたしも知っている」と答えます。ヨブは神の偉大さを頭では理解していました。しかし、現実的に神の現存を失い、神の御心を知ることができないところに、ヨブの苦悩があったのです。私たちもしばしば「神の沈黙」の前にたじろぎます。祈ってもすぐに答えがなく苦しみます。しかし、神の沈黙は、次に現そうとしておられる栄光への序章なのです。
嵐の湖上に沈みそうになっている船で、弟子は動揺しました。なぜイエスは自分たちを強いて舟に乗せ、ご一緒して下さらなかったのか…。こうなることはご存知だったはずなのに、なぜ自分たちだけを苦難に遭わせられるのか…?しかし、イエスの沈黙は、より大きな栄光への前ぶれだったのです。イエスは「海の高波を踏み砕」き、弟子たちのもとに近づかれました。「わたしだ。恐れることはない。」(ヨハネ6:20)

◇クイズ
9章9節には神が造られた星・星座が出てきますが、そこに記されていないのはどれ?
1.すばる 2.カシオペア座 3.オリオン座