日々の御言葉 6月12日

日々のみ言葉 6月12日
○今日のタイトル 全能者の矢
○通読箇所 ヨブ記5~6章

◇今日の聖句
神はわたしに対して脅迫の陣を敷かれた。…神よ、わたしの願いをかなえ、望みのとおりにしてください。神よ、どうかわたしを打ち砕き、御手を下し、滅ぼしてください。仮借ない苦痛の中でもだえても、なお、わたしの慰めとなるのは、聖なる方の仰せを覆わなかったということです。わたしはなお待たなければならないのか。そのためにどんな力があるというのか。なお忍耐しなければならないのか。そうすればどんな終りが待っているのか。https://www.bible.com/bible/1819/JOB.5.新共同訳

◇ひとくち解説
5章のエリファズの言葉は、正しく美しいものでしたが、ヨブの助けにはなりませんでした。ヨブの苦痛は、この患難の中で、神が沈黙しておられるということにありました。神がなぜ自分に向かって攻撃しておられるのか分からなかったのです。それは出口の見えないトンネルのように絶望的な暗黒でした。
あるとき弟子たちは生まれつき目の見えない人を見てイエスにこう尋ねました。「この人が生まれつき目が見えないのは、だれが罪を犯したからですか」(ヨハネ9:2)と。弟子たちもまた「苦難」の理由が知りたかったのです。なぜ神がこの人にこれほど重い苦しみを負わせたのか知りたかったのです。イエスの答えはこうです。「神の業がこの人に現れるためである」(9:3)わたしたちも、理由の分からない患難と、それに対する神の沈黙に遭遇することがあります。そのようなときであっても必ず「神の業」が現れると信じ、主を待ち望みましょう。

◇クイズ
6章6節で「味のない物」の例として挙げられているのは?
1.砂 2.野の草 3.玉子の白身