日々のみ言葉 2月25日

日々のみ言葉 2月25日
○今日のタイトル 
○通読箇所 ぺトロ1 5章

◇今日の聖句
長老たちに勧めます。あなたがたにゆだねられている、神の羊の群れを牧しなさい。強制されてではなく、神に従って、自ら進んで世話をしなさい。…そうすれば、大牧者がお見えになるとき、あなたがたはしぼむことのない栄冠を受けることになります。 同じように、若い人たち、長老に従いなさい。皆互いに謙遜を身に着けなさい。…身を慎んで目を覚ましていなさい。あなたがたの敵である悪魔が、ほえたける獅子のように、だれかを食い尽くそうと探し回っています。 信仰にしっかり踏みとどまって、悪魔に抵抗しなさい。https://bible.com/bible/1819/1pe.5.新共同訳

◇ひとくち解説
「わたしの羊の世話をしなさい。・・・わたしの羊を飼いなさい」(ヨハネ21章)これは復活されたキリストが、ぺトロに命じられた言葉です。イエスを三度否定して裏切ったぺトロには、群を牧する資格などありませんでした。羊を養うために、たった一つイエスが求められたこと、それは、「わたしを愛するか」ということでした。「愛は多くの罪を覆う」(4:8)のです。今老境を迎えたぺトロは、かつて自分が受けたその召命を、次の世代へと継承しようと、「神の羊の群を牧しなさい」と勧めます。愛と謙遜こそ、牧者と群れとを結ぶ絆なのです。教会という群れは絶えず、ほえたける獅子のような悪魔に狙われています。しかし、「心の中でキリストを主とあがめ」(3:15)、愛と謙遜に満たされているなら、悪魔の付け入る隙はありません。互いに謙遜を身に付けましょう。

◇クイズ
手紙の最後に、ぺトロが「わたしの子」と呼んだ愛弟子は誰ですか?1.テモテ 2.バルナバ 3.マルコ