日々のみ言葉 2月12日

日々のみ言葉 2月12日
○今日のタイトル 4人の重い皮膚病の人
○通読箇所 列王記下7ー8章

◇今日の聖句
城門の入り口に重い皮膚病を患う者が四人いて、互いに言い合った。「どうしてわたしたちは死ぬまでここに座っていられようか。 町に入ろうと言ってみたところで、町は飢饉に見舞われていて、わたしたちはそこで死ぬだけだし、ここに座っていても死ぬだけだ。そうならアラムの陣営に投降しよう。もし彼らが生かしてくれるなら、わたしたちは生き延びることができる。もしわたしたちを殺すなら、死ぬまでのことだ。」 夕暮れに、彼らはアラムの陣営に行こうと立ち上がったが、アラムの陣営の外れまで来たところ、そこにはだれもいなかった。 主が戦車の音や軍馬の音や大軍の音をアラムの陣営に響き渡らせられたため、彼らは、…逃げ去った。…重い皮膚病を患っている者たちは…互いに言い合った。「わたしたちはこのようなことをしていてはならない。この日は良い知らせの日だ。わたしたちが黙って朝日が昇るまで待っているなら、罰を受けるだろう。さあ行って、王家の人々に知らせよう。」 https://bible.com/bible/1819/2ki.7.新共同訳

◇ひとくち解説
アラム軍に包囲されたサマリアの町は、飢饉も重なって大変な飢えに苦しんでいました。絶体絶命の危機に、主に用いられたのは、汚れているとされていた重い皮膚病を患った4人でした。彼らは、勇敢に戦うためではなく、どうせ死ぬのなら投降しようと考えただけでした。決してよい動機とは言えませんでした。しかし、主は4人が行く前にアラム軍を敗退させ、有り余る糧を用意しておられたのです。そして、この4人がイスラエルに「命のパンの福音」を伝えたのです。たとえ、現状がどうあろうとも、主はわたしたちの前に道を備えてくださいます。それは、わたしたちを「おきおとずれ」の伝達者とするためなのです。

◇クイズ
この勝利によって、神の人の言葉通り、小麦粉一セアが一シェケルになりました。6章を見ると、飢饉のなか5シェケルで何が売られていましたか? 1.大麦 2.ロバの頭 3.鳩の糞

広告