日々のみ言葉 2月6日

日々のみ言葉 2月6日
○今日のタイトル 静かにささやく声
○通読箇所 列王記上19ー20章

◇今日の聖句
エリヤは…、ついに神の山ホレブに着いた。 エリヤはそこにあった洞穴に入り、夜を過ごした。見よ、そのとき、主の言葉があった。「エリヤよ、ここで何をしているのか。」 主は、「そこを出て、山の中で主の前に立ちなさい」と言われた。見よ、そのとき主が通り過ぎて行かれた。主の御前には非常に激しい風が起こり、山を裂き、岩を砕いた。しかし、風の中に主はおられなかった。風の後に地震が起こった。しかし、地震の中にも主はおられなかった。 地震の後に火が起こった。しかし、火の中にも主はおられなかった。火の後に、静かにささやく声が聞こえた。 https://bible.com/bible/1819/1ki.19.新共同訳

◇ひとくち解説
カルメル山でのバアルの預言者との対決で、神の火が降るのを見たにも関わらず、イスラエルの民は真の意味で偶像礼拝から離れることができませんでした。その絶望的な状況から距離を置くために、エリヤは荒野に向かい、神の山ホレブに着きました。かつて神がモーセの前に顕現された場所です。激しい風の中にも、地震や火の中にも主はおられませんでした。しかし、静かな声をもって主は語りかけ、再び使命を与えられました。
わたしたちの拠り所はどこなのでしょうか?それは、圧倒的な奇跡や、華々しい活躍、不思議な体験ではありません。御言葉をもって臨まれる主の現存こそが、わたしたちがいつもとどまる場所なのです。「「静まって、わたしこそ神であることを知れ。… 万軍の主はわれらと共におられる」詩篇 46:10‭-‬11 口語訳

◇クイズ
19章の荒野の旅の途上で、御使いがエリヤのために用意した食べ物は?1.パン菓子 2.ナツメヤシの実 3.いちじく

広告

投稿者:

聖イエス会福音教会

福音教会牧師室より

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください