日々のみ言葉 1月21日

日々のみ言葉 1月21日
○今日のタイトル キリストの涙の祈り
○通読箇所 ヘブライ5章

◇今日の聖句
キリストは、肉において生きておられたとき、激しい叫び声をあげ、涙を流しながら、御自分を死から救う力のある方に、祈りと願いとをささげ、その畏れ敬う態度のゆえに聞き入れられました。キリストは御子であるにもかかわらず、多くの苦しみによって従順を学ばれました。そして、完全な者となられたので、御自分に従順であるすべての人々に対して、永遠の救いの源となり、 神からメルキゼデクと同じような大祭司と呼ばれたのです。 https://bible.com/bible/1819/heb.5.新共同訳

◇ひとくち解説
「涙と共に種を蒔く人は、喜びの歌と共に刈り入れる」(詩編126:5)この歌の通り、キリストはゲッセマネの涙の祈りと十字架の死によって、人類に永遠の命という実りをお与えになりました。「彼(メシア)は自らの苦しみの実りを見、それを知って満足する。」(イザヤ53:11)とある通りです。「永遠の救いの源」(9節)であるキリストにおいてのみ神と出会うことができます。もし私たちが人を神と出会わせ、祝福を与える存在となりたいと願うなら、キリストの涙の祈りと一致するしかないのです。

◇クイズ
この章には、メルキゼデクという祭司の名がでてきますが、創世記14章でメルキゼデクはパンと何を携えてアブラハムを出迎えましたか。 1.はちみつ 2.ぶどう酒 3.魚