日々のみ言葉1月18日

日々のみ言葉 1月18日
○今日のタイトル 救いの創始者 
○通読箇所 ヘブライ2章

◇今日の聖句
それで、イエスは、神の御前において憐れみ深い、忠実な大祭司となって、民の罪を償うために、すべての点で兄弟たちと同じようにならねばならなかったのです。事実、御自身、試練を受けて苦しまれたからこそ、試練を受けている人たちを助けることがおできになるのです。 https://bible.com/bible/1819/heb.2.新共同訳

◇ひとくち解説
1章においてキリストが預言者よりも天使よりも偉大な万物の創造者であり、神の栄光の輝きであると示したあと、2章では、そのキリストが人類を救うためにどのような手段をお取りになったのかが記されています。「死の恐怖のために一生涯罪の奴隷であった」(15節)私たちを解放するために「低い者」となり、試練を受けている私たちを助けるために試練を受けてくださったのです。私たちの「救い創始者」(10節)となられたお方を深く心に留めて、目の前の現実のみに「押し流され」(1節)ないようにしたいものです。

◇クイズ
12節「わたしは、あなたの名をわたしの兄弟たちに知らせ」は、詩編22編からの引用ですが、「わたし」と言っている詩編の作者は誰ですか? 1.アサフ 2.ダビデ 3.コラの子