日々のみ言葉 1月17日

日々のみ言葉 1月17日

○今日のタイトル 
○通読箇所 ヘブライ1章

◇今日の聖句
神は、かつて預言者たちによって、多くのかたちで、また多くのしかたで先祖に語られたが、この終わりの時代には、御子によってわたしたちに語られました。神は、この御子を万物の相続者と定め、また、御子によって世界を創造されました。御子は、神の栄光の反映であり、神の本質の完全な現れであって、万物を御自分の力ある言葉によって支えておられますが、人々の罪を清められた後、天の高い所におられる大いなる方の右の座にお着きになりました。 https://bible.com/bible/1819/heb.1.新共同訳

◇ひとくち解説
今日からヘブライ人への手紙を読みます。著者も宛先も不明ですが、ユダヤ人クリスチャンのために書かれたと考えられています。彼らは困難の中で信仰を守ってきましたが、次第に疲れ、救われる前の状態に戻ってしまいそうになっていました。「信仰の創始者また完成者であるイエス」(12章2節)を指し示すためにかかれた書です。第一章では、まずキリストの神性を鮮やかに記します。わたしたちが試練の中にあるとき、まず見るべきは「神の栄光の輝き、また神の本質の完全な現れ」(新改訳)であり、万物の創造者であるキリストです。今日「イエス・キリストは主である」(フィリピ2.9)と告白し、御名を呼んで礼拝いたしましょう。

◇クイズ
10節以下では、すべて滅びゆくものを何に例えていますか?
1.草 2.家 3.衣